2020年12月30日水曜日

【次回例会紹介】この一瞬に心を合わせて。それぞれに活躍中のメンバーが集まった スペシャルユニット!―アカペラユニット黒船

次回例会は、男女混合のアカペラユニット黒船にご登場いただきます。黒船は、三木労音にこれまで2008年、2015年と二度ご出演いただいた女性アカペラグループ宝船のリーダーの上北夏味さんが、男性アカペラグループザ・ザビエルズのメンバーと組まれたユニットです。
今回のブログでは、エフエムみっきぃで放送された上北さんがパーソナリティーを務める番組「上北夏味のサウンド・オブ・ウインド」に、小巻事務局長がゲスト出演した時の模様を、抜粋でお届けします。

アカペラユニット黒船 右から3人目が上北夏味さん



まず初めに「黒船」というグループ名の由来を教えていただけますか。

上北夏味さん(以下、上北さん) 黒船がスタートしたのは宝船が活動を一旦休止した2012年の翌年からだったのですが、宝船のメンバーの私と、同じ事務所のザ・ザビエルズという男性アカペラグループが一緒に始めたので、「船」と「フランシスコ・ザビエル」から連想して「黒船」と、プロデューサーが命名しました。

―アカペラ界に衝撃を与えるような素敵な名前ですね。今回、メンバーにいつもと違う方が加わっておられますね。

上北さん コロナ自粛中にいろいろあってザビエルズのメンバーが二人辞めるということがありまして、黒船は7声のコーラスなのですが、この度はシンガーソングライターで元アカペラグループパーマネント・フィッシュのメンバー飯田俊樹さんと、宝船のボイスパーカッションの山上紀美世さんに加わっていただきました。
このコンサートはコロナより前に早々と依頼をいただいていたのですが、メンバーが二人抜けた時、正直、今回出演させてもらうことは難しいのじゃないかと思いました。でもその時に、三木労音さんから残ったメンバーの音楽への情熱を信頼していただき、予定通り黒船で出演してほしいと言っていただいたことで、この試練を黒船で乗り越えたいと強く思いました。その時にせっかくなのでこのトラブルを今いる自分たちの成長の機会にしたいと思い、その考えで選んだのがこの二人です。サポートメンバーというにはあまりにも豪華な二人なので、ゲストメンバーとさせていただいています。

―今回の三木労音例会が黒船のステップアップにつながれば私たちも光栄です。今回のステージに向けて練習も進んでおられるそうですが、どんな様子ですか?

上北さん 実は今日もリハーサルを終えてきたところです。メンバー自身もコロナ感染を防ぐために、換気をしたり、間隔を取ったりと対策をしながらのリハーサルなのですが、限られた時間の中で、みんなの集中力を感じました。黒船史上、最も良い音に仕上がりそうな予感がしています。今回、メンバーが二人変わったことでの違いが面白く、一人一人のメンバーが身体から出しているオーラを感じています。ぜひ1月23日は会場で、生で聴いていただきたいです。

―とても楽しみになってきました。最後に、あらためて上北さんがアカペラをやろうと思われたきっかけは何でしょうか?

上北さん 私がアカペラに出会ったのは大学生の頃だったのですが、その頃の私はラジオのパーソナリティーになりたいと思っていまして、そのためにいろんな曲を知っておかないといけないと、たくさんの曲を聴いていました。その中に、とても心惹かれた曲があり、その曲は「アカペラ(人の声だけ)」と表記されているのに、まるで声以外の音が入っているように聞こえ、とても不思議に思ったことがきっかけでした。その曲を歌っているグループを調べてみましたら神戸のグループで、そのグループがレギュラーライブをされていたのが、今私たちもレギュラーで出演しているCASH BOX(キャッシュボックス)でした。その後はどんどんのめり込んでいき、見ているうちに自分もやりたくなって、今に至っています(笑)
私は元々一人で歌うことにはあまり興味がなく、アカペラ、コーラスが好きなのです。中でもメンバーがステージで一緒に声を出す瞬間、アイコンタクトや息を合わせて声を重ねていくことに強く惹かれます。これは決して一人ではできない、そのことが一番の魅力かもしれませんね。

―ありがとうございました。素敵なコンサートを期待しています!

エフエムみっきぃスタジオにて



出演者プロフィール

アカペラユニット黒船
男性アカペラグループthe XAVYELLSから加藤慎司、後藤陽太郎、中本友希と、女性アカペラグループ宝船のリーダー上北夏味、そして竹下徹(元the XAVYELLSメンバー)で編成されたスペシャルユニットです。
男性アカペラの力強いハーモニーと迫力のある低音やリズムに、上北夏味の爽やかなソプラノの歌声が重なり、ハーモニーの美しさを際立たせます。
また今回のコンサートではゲストにアカペラグループ宝船の山上紀美世(ボイスパーカッション)と、シンガーソングライターで元パーマネント・フィッシュのメンバーの飯田俊樹を迎えての特別編成でお贈りします。
華やかで洗練されたアカペラショーをお楽しみ下さい。

the XAVYELLS
2011年結成、神戸発のアカペラグループ・ザビエルズ。
グループ名は、アカペラの魅力、古き良き音楽の魅力を多くの人に広め(布教し)ていきたい、そして聴く人へのYELL(エール)を送っていきたいという思いを込めて名付けられました。
50’~60’オールディーズを中心に、グループサウンズ、昭和歌謡、ジャズなどを幅広くカバーしたレパートリーと、メンバーの個性溢れる軽妙なトークを織り交ぜたライブを展開。その時代の匂いを残しつつ、現代風のアレンジも取り入れた楽曲・ダンス・振付で世代を超えて楽しめるエンターテインメントショーです。
神戸三宮にある「アカペラの聖地」とも呼ばれるアコースティック主体のライブハウス『CASH BOX』にて、毎週水曜日レギュラーライブ、関西のみならず関東・中部・中四国など各地でもライブを開催しています。
企業パーティー、芸術鑑賞会、その他各種イベントにも出演しています。

宝船
神戸を拠点に国内のみならず海外でも活躍する女性アカペラグループ。スタンダードなジャズや日本歌謡曲、唱歌など誰でも聴き馴染みのある選曲と楽しいおしゃべりで会場を沸かせる。2009年7月にオーストリア、グラーツで開催された欧州最大級のアカペラコンペディション「Vokal.total」に出場。ジャズ部門で優勝。ポップ部門で第2位を受賞の快挙を果たす。

飯田俊樹
シンガーソングライターでありながら、イラストレーター(似顔絵師)やFMラジオ局のパーソナリティーなど幅広いエンターテイメントの分野で活躍する。多才な彼から生み出される歌や絵の世界は、どこまでも優しく温かく、世界に笑顔を広げていく。
ピアノボーカルデュオ Antique Notesとしても活動。
元Permanent Fish(2005~2019.4)


三木労音第180回例会
アカペラユニット 黒船 KUROFUNE
2021年1月23日(土)14:00開演
三木市文化会館大ホール
※新型コロナウイルス感染防止対策のため大ホールに変更いたしました。
参加費 会員/会費のみ 一般/4,500円
一般券お申込み方法はこちら⇒http://www.mikiroon.com/kurofune_tickets.html
三木労音会員へ入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(黒船例会から参加希望の方は12・1月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。

2020年12月17日木曜日

今年のサークルフェスティバルは中止、延期にします

毎年12月に開催している会員を中心としたイベント「サークルフェスティバル」、今年は12月20日(日)に予定していましたが、コロナ対策のこともあり模擬店なしのステージ出演のみ、告知も会員のみとしていました。

ですが、ここの所の感染者増加に伴って、サークルフェスティバル自体を中止することに決定しましたので、お知らせします。

なお、今回のサークルフェスティバルは、コロナウイルスの感染状況を見ながら半年ほど先に延期して開催する予定にしています。開催した際にはぜひ大勢のご参加をお待ちしています。



2020年12月14日月曜日

大興奮!本格的な弦楽四重奏の世界を堪能した一夜でした!

ご報告が遅くなってしまいましたが、先月11月27日(金)に三木労音例会「藤岡幸夫プロデュース弦楽四重奏団The 4 Players Tokyo」を開催しました。

担当スタッフで開場前にミーティング。

そして開場です!

来場の皆さんには、コロナ対策の検温と消毒にご協力いただいています。

三木労音では影アナウンス初担当のIさん。安定のアナウンスをありがとうございました。

和田副会長の舞台挨拶。

今回ご出演いただいたThe 4 Players Tokyoは、BSテレ東の番組「エンター・ザ・ミュージック」から誕生したグループですので、この度もテレビクルーが取材にいらっしゃいました。今後の放送で三木労音のステージが映るかもしれません。

コンサートはプロデューサーの藤岡幸夫さんのトークからスタート。
藤岡さんは普段は指揮者として関西フィルなど様々なオーケストラの指揮でご活躍ですが、この度は軽妙かつスマートなトークで、笑いも交えながら客席の皆さんを弦楽四重奏の世界に誘っていただきました。

そしてThe 4 Players Tokyoの皆さんの演奏の始まりです!

1stヴァイオリンの戸澤哲夫さん。

2ndヴァイオリンの遠藤香奈子さん。

チェロの矢口里菜子さん。

ヴィオラの中村洋乃理さん。

演奏は本当に素晴らしく、非常に濃い内容でした!
最初のヤナーチェクはいきなりとても高いテンションからスタート。凄まじい憎悪と執念が渦巻く様子を音で表すとまさしくこんな感じだろうというサウンドでした。美しい、心地よいだけでなく人間のネガティブな面もこのような素晴らしい作品に昇華されるのだと、あらためて芸術の素晴らしさを認識しました。
続くベートーヴェンはうってかわって甘美で軽やかな、うっとりとする響き、最後のボロディンは力強く揺るぎない旋律、どの曲も最初の数秒でその世界へ引き込まれる説得力のある演奏でした。
クラシック愛好家の方はもちろん大絶賛!クラシックを聞き慣れない方も、何かわからなかったけど凄かった、難しいけど聞き漏らせないで最後まで聴いた、など感動の声をたくさん聞きました。

カーテンコールではお一人ずつマイクを持ってご挨拶いただきました。

演奏後、大興奮の客席(撮影/藤岡さん)

終演後のロビーは興奮冷めやらぬ熱気であふれていました。

楽屋廊下に貼った歓迎の横断幕と一緒に記念撮影していただきました。(写真提供/藤岡さん)

The 4 Players Tokyoの皆様、素晴らしいステージを本当にありがとうございました!
今後もしばしば「エンター・ザ・ミュージック」にご登場されるそうですので、これからの活躍にもぜひ注目したいです!

2020年11月9日月曜日

感動と発見がいっぱい!福井麻衣さんの素晴らしいハープリサイタル

先月末10月30日(金)、「福井麻衣ハープ・リサイタル」を開催しました。
元々は5月開催の予定だったのがコロナの影響で延期になり、秋も深まり木枯らしの時期の開催となりました。

楽屋ではペーパークラフトのハープを弾くクマが福井さんをお迎え。

開場前にスタッフが集まり、開演に向けての準備を開始。

開場時刻になると綺麗な月も昇りました。

コロナ対策もコンサートの日常風景となりました。

影アナウンスもにこやかに。

和田副会長のあいさつで、いよいよ開演です。

福井麻衣さんの素敵な笑顔とステージ上のグランドハープの輝きにワクワク。

曲間のトークでは、ハープを初めて聞く方にも分かりやすいようにと、クイズ形式で楽器の説明をしていただきました。会員の皆さんも積極的でとても盛り上がりましたね!

2部の始まりは、何と「エレキハープ」から!
初めて見る方がほとんどでしたが、福井さんの熱演で会場も大いに沸きました!
皆さんとても印象に残ったようです。

続いての曲もなかなか聴く機会のない、ハープと様々な打楽器を交えて演奏する「アリアドネの冠」という現代曲。不思議な響きに想像が広がっていきます。

今回のコンサートはバッハから始まり、クラシックの名曲から日本の響きの作品、ハープのための作品、様々な楽器の取り合わせ、そして最後はオペラをテーマにした華やかな作品で終幕しました。
それぞれジャンルの違う曲の魅力を引き立てる素晴らしいテクニック、楽しさが伝わってくる親しみやすいトーク、何よりハープの魅力を伝えたいと色々と工夫して下さったことに、客席からの大きな拍手が。
様々なハープの魅力を2時間にぐっと凝縮した、初めてハープを聴いた方も大満足の素晴らしいコンサートでした。

終演後はCDサイン会もしていただきました。

終演後、楽屋にて。手作りハープの歓迎も喜んでいただけました!

今回、2台のグランドハープとエレキハープ、そして「アリアドネ…」の打楽器など、お一人で全てセットし、調弦もし(グランドハープの弦は1台で47本もあります!)、楽しませてくださった福井麻衣さん。
明るく気さくなお人柄で音楽の楽しさをストレートに伝えていただき、本当にいいコンサートになりました!
今後ますます活躍してほしい、素晴らしいアーティストです。またお越しいただきたいですね!

【お知らせ】ドキュメンタリー映画『タネは誰のもの』上映会&山田正彦氏講演会

 

この上映会&講演会は、三木労音会員でこの映画制作のクラウドファンディングをされた方の強い思いで企画が実現しました。

私たちの口に入れる食べ物に関することです。ぜひお一人でもたくさんの方に参加いただけましたら幸いです。


タネを植えて、育てて、収穫して、タネをとって、また植えて・・・
種苗法改定で、そんな当たり前が出来なくなる!?
次世代にいのちをつなぐ“タネ”
皆さんにぜひ知ってほしい
そんな“タネ”についての大切なお話です

ドキュメンタリー映画『タネは誰のもの』上映会&山田正彦氏講演会
日時 11月22日(日)
<午前上映>11:00~12:10
<講演会>13:30~14:50
<午後上映>15:00~16:10
会場 三木市文化会館 小ホール
前売券 映画+講演1,500円、映画のみ1,000円
※当日はいずれも500円増
主催 『タネは誰のもの』三木自主上映の会
協力 三木労音
後援 三木市、エフエムみっきぃ76.1MHz
お問合せ・お申込み
☎0794-82-9775(三木労音) tane1122miki@gmail.com


ドキュメンタリー映画『タネは誰のもの』
プロデューサー:山田正彦
監督:原村政樹 『いのち耕す人々』 『天に栄える村』
語り:江原啓之  音楽:鈴木光男
企画:一般社団法人心土不二  配給:きろくびと  2020年/65分
https://kiroku-bito.com/tanedare/


山田 正彦(やまだ・まさひこ)映画プロデューサー/講演
弁護士・元農林水産大臣
1942年生まれ。長崎県五島で牧場経営や肉屋の経営などの経験の後、弁護士として開業しサラ金問題に取り組む。
1993年衆議院選挙に初当選し5期務める。菅内閣で農林水産大臣、農業者個別所得補償を実現。
TPP反対運動で大臣を辞め、今日までグローバリゼーションと闘っている。
2015年1月「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」設立(弁護団共同代表)
2017年7月「日本の種子(たね)を守る会」設立(顧問)
2019年5月「デトックス・プロジェクト・ジャパン(DPJ)」設立(共同代表)
現在においては、TPPや種子法廃止の問題点を明らかにすべく現地調査を行い、各地で講演や勉強会を行いながら地方の条例による独自の農業・食料政策を提言している。
併せて現在は種苗法改定に対する反対運動、給食をオーガニックにするための活動を行っている。
著書に『「農政」大転換』、『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』、『タネはどうなる?!』、『売り渡される食の安全』など多数。