2020年10月1日木曜日

味わい深い、秋の狂言の夕べ

お彼岸も過ぎると、一気に秋の様相となりましたね。

先週の9月25日(金)、そんな秋の夜にぴったりの「狂言の夕べ」例会を開催しました。

三木労音で狂言の舞台を鑑賞するのは2006年以来14年ぶり。

会員の中でも、今回初めて狂言を見る方も多くいらっしゃいました。

開場前のスタッフミーティング。

大ホールはドアが5か所ありますので、注意書きを貼るのも一苦労です。

いよいよ会員の皆さんが入場されます。

今回アナウンス初体験のSさん。

和田副会長の舞台あいさつが終わると、いよいよ開演です!

まずは、茂山茂さんによる狂言の解説からスタート。

茂さんの飄々とした言葉で、能と狂言の違い、狂言の特徴、演目の解説などをお話ししていただきました。

このお話があったおかげで初めての狂言でも楽しめた、と会員からも大好評。

そして一つ目の演目「察化」。



 

主人の言付けで、叔父に連歌の評定を頼むために都まで行った太郎冠者が、間違えて察化(詐欺師)を連れて帰ってくるのですが、後半の主人が察化をもてなすのを太郎冠者が真似る場面で、千五郎さんの演じた太郎冠者のふてぶてしさに大笑いが起きました。

そして休憩の後は二つ目の演目「鎌腹」。



 

千之丞さん演じる太郎がいきなり妻に鎌をもって追い回される場面から始まるのですが、男の沽券を傷つけられたので自死しようとあれこれ試みるも、臆病風に吹かれて死ねない滑稽さに、可笑しみとなんとも言えない愛嬌がありましたね。

最後の「俵を重ねて面々に~」というのは「付祝言(つけしゅうげん)」といい、狂言の舞台の締めに謡われる謡いだそうです。

終演後はたくさんの方がアンケートを出してくださり、「良かったね」「楽しかったよ」との声がロビーに飛び交いました。

皆さんしみじみとした感動を胸に、帰路につかれたのではないでしょうか。

こうした味わい深い古典芸能も折に触れて鑑賞していきたいですね!

茂山狂言会の皆様、ありがとうございました!

2020年8月31日月曜日

待ちに待ったダ・カーポコンサート、ついに開催!

報告が遅くなりましたが、2週間前の8月16日(日)に、3月に予定していて延期になったダ・カーポコンサートをようやく開催することができました!


この日はお盆明けでカンカン照りの夏空。とーっても暑い日でした。

ロビーには、アナウンサーの草野仁様よりダ・カーポのコンサートを祝って、大きなお花のスタンドが届きました。とっても華やかでしたね!

そして8月に入って再びコロナの感染が拡大する中での開催でしたので、対策として受付などにビニールの仕切り幕を設置しました。

和田副会長の舞台挨拶で、いよいよ開演間近。
またコロナ対策として、最前列は舞台との距離をとるために空席にしていましたが、その空いた席を利用して歓迎の横断幕を貼り、ダ・カーポをお迎えしました。
そしてダ・カーポのお二人が16年ぶりにステージに登場され、コンサート開幕!
今回のサポートミュージシャンは、お洒落な伴奏をしていただいたピアニストの渡辺雅二さん。
そして、ガットギターの音が温かいギタリストの大平重成さん。

コンサートは第1部と第2部の構成で、第1部ではダ・カーポが5月の緊急事態宣言の間に作られたステイホームの応援歌から始まり、美しい童謡、抒情歌(アレンジも良かったですね!)、そして16年前の前回コンサートの際に作っていただいたオリジナルソング「大きな木」「彩(いろ)づく町」を新アレンジで歌っていただきました。
当初は、会場みんなでこの2曲を歌おうと、昨年末にCDを製作し、うたう会をあちらこちらで開催して普及に取り組んできたのですが、コロナ感染防止対策のため今回は客席では声を出して歌うことは中止し、ダ・カーポの美しいハーモニーをたっぷり聴かせていただきました。それでも歌うことを楽しみにして来られた方は、心の中で一緒に歌われたことと思います!(コロナが収束したらぜひこのリベンジをしたいですね!)

休憩時にCDを見に来られる方。ここでもビニールで感染対策をしました。
今回は、7月の熊本豪雨災害で被災した人吉労音へカンパを送ろうと、ロビーで募金箱設置と呼びかけをしました。

そして衣装も変わって第2部。
第2部ではダ・カーポ往年のヒット曲の数々からスタート。
きっと皆さんも、それぞれご自身のマイフェイバリットソングがあったのではないでしょうか。
そして広子さんの今は亡きお母さん、お父さんのことをそれぞれに歌った2曲のオリジナル曲に聴き入りました。ちょうどお盆の時期、そして前日が終戦の日でしたので、より深く心に染みた2曲でした。
今回16年ぶりのコンサートでしたが、お二人の本当に変わらない、それどころかますます素敵になられた歌声、そして飾らない爽やかなトークに、心が癒されましたね。
エンディングの『ベストパートナー』で、お二人がてらいなくお互いをベストパートナーと歌うその姿に、多くの方が憧れたのではないでしょうか。本当にベストカップルですね!

終演後はダ・カーポのお二人もロビーに出てきてくださり、CD購入者にサインプレゼントのひとときも。
ここでも感染対策のビニールカーテンが活躍。
感染拡大防止のため握手はできませんでしたが、みなさんビニール越しに笑顔でハイタッチして帰っていかれる光景に、とても心が温まりました。
ちなみにコンサートから2週間が経ちましたが、何事もなく終わりましたよ。
こうやって例会を積み重ねていき、コロナ禍の時代でもコンサートを楽しむことができることを証明していきたいものです。
感染拡大期に遠方からお越しいただきコンサートを実現してくださったダ・カーポご一行の皆様をはじめ、参加された皆様に感謝です!


ダ・カーポオフィシャルサイトでも紹介していただきました!

2020年7月27日月曜日

半年ぶりの例会!元気をもらえたPAN NOTE MAGICのステージでした!

先週7月19日(日)、実に半年ぶりの開催となる例会「スティールパンオーケストラ PAN NOTE MAGIC」を開催しました。
新型コロナウイルスの拡大に伴って、三木労音でも1月の「桂吉弥独演会」例会以来、これまで例会を開催することができませんでした。その間約半年!(かつてこれだけの間があいたことはありませんでした)
ようやく再開を迎えるも、まだまだ様々な制約がある中での開催。それでも大切な生のコンサートを聴く機会をなんとしても続けていこうと、会員、スタッフ、そして出演者がみんなで数々のハードルを越えて当日を迎えることができました。
いつもなら開演前にロビーで行う出演者の歓迎会も、今回は感染予防のため無しに。
その代わり歓迎の横断幕(上写真)を、ステージから客席までの距離をとるために空けた最前列に貼って、会場みんなでメンバーをお迎えしました。
そして始まったPAN NOTE MAGICのステージは、爽快なリズムとメロディー、踊るような演奏、そして魅力的な音色で、あっという間に聴衆を虜に。
参加者の多くがスティールパン演奏を生で聴くことが初めてで、最初どこからこの不思議な音が出ているか分からず驚いたという方も少なくなかったようです。
このように各楽器の中を見せていただき、このいくつかある凹みの部分がそれぞれ違う音程が出るようになっていることを教えていただき、感嘆の声が上がりました。
スティールパンの音は、今ではyoutubeやCDなどでも簡単に聴くことはできますが、しかし、生の音は全然違っていて、もっと素晴らしい響きがします!
プログラムも、スティールパンの本場トリニダード・トバゴのカーニバルの曲から、ディズニーの音楽、有名なクラシック作品のアレンジ、日本の唱歌など幅広く楽しませていただきました。
またスティールパン以外にもこんな場面も・・・。
スティールパン+和太鼓のコラボレーション。
スティールパンが誕生した歴史を寸劇で。
スティールパンが誕生する以前に演奏されていた、竹で出来た楽器の演奏。

・・・などなど、バラエティーに富んだコンサートで、2時間があっという間でした。
会員の皆さんも久々の生のコンサートを心から堪能されたようで、終演後にはたくさんの感動の声が寄せられました。
多くの制約の中でも、素晴らしい演奏をしていただいたPAN NOTE MAGICの皆さんには本当に感謝です。その熱演によって「音楽は生きていくエネルギーになる」ということを、参加された多くの方にあらためて感じていただけたのではないかと思います。
最後は大きな拍手に包まれました!
PAN NOTE MAGICの皆さん、遠くからお越しいただき、素晴らしいコンサートを本当にありがとうございました!!

2020年7月11日土曜日

7/19(日)「PAN NOTE MAGIC」例会は大ホールに変更します!

7月11日(日)14:00開演の三木労音6・7月例会「スティールパンオーケストラ PAN NOTE MAGIC」の会場を、当初予定していた三木市文化会館小ホールから、大ホールに変更します
席割りについては、現在小ホールで取っていただいている座席の配置を、そのまま大ホールに移し替えます。
ただし席番号は変わりますので、変更後の番号をサークルごとに順次お知らせします。その上で当日入場前に席の番号を書いた札をお渡しします(併せて次回のダ・カーポ例会の変更座席もお渡しします)。
当日は開場予定時刻の13:30より早めに開場しますので、なるべくロビーでの密集を避けるために時間に余裕をもってご来場下さい。

また、参加される皆様には新型コロナウイルスの感染防止のため以下の点のご協力をお願いします。
*全員マスク着用
*セルフ入場(自分で参加券の半券を切り、会報を取って入場)
*入場の際の手指の消毒
*自宅で検温⇒平熱以上の場合、参加はNG。
*会場内では大声でしゃべらない
*入退場の際は前の方と間隔をあける

感染防止対策をしっかり行った上で、約半年ぶりとなる例会をみんなで楽しみましょう!!

PAN NOTE MAGICのインタビューはこちら⇒http://mikiroon-blog.blogspot.com/2020/06/pan-note-magic.html

2020年7月6日月曜日

8/16「ダ・カーポ コンサート」会場変更のお知らせ

3月29日に予定していた三木労音2・3月例会「ダ・カーポ コンサート」が、8月16日(日)に延期になったことは以前にもお伝えしていましたが、会場も変更になりますのでお知らせします。

三木市文化会館小ホール ⇒ 三木市文化会館大ホール

同じ施設内でホールのみ小ホールから大ホールへの変更となります。
こちらは新型コロナウイルスの感染防止対策として、密にならないように座席の間隔を開けながら座っていただくためです。
なお、すでに小ホールで座席を取られている会員/一般の皆様へは、事務局で再度割り振りしました座席シールをお渡ししますので、そちらの席へお座りいただくようお願いします。(小ホールで取っていただいた席割をもとに間隔を開けて割り直しをしました。あらためて指定席の取り直しは行いませんのでご了承下さい。)

また、参加される皆様には新型コロナウイルスの感染防止のため以下の点のご協力をお願いします。
*全員マスク着用
*セルフ入場(自分で参加券の半券を切り、会報を取って入場)
*入場の際の手指の消毒
*自宅で検温⇒平熱以上の場合、参加はNG。
*会場内では大声でしゃべらない
*入退場の際は前の方と間隔をあける


一方で、大ホールに変更したことで今後新たに参加希望者も受付しています。
当日は三木発のオリジナル曲「大きな木」「彩づく町」はもちろん、コロナ禍の中でダ・カーポが作られたオリジナル曲2曲も披露される予定です。
ぜひ大勢の方にご参加いただきたい(定員の半分/密にならない程度で)と思いますので、今からのご入会、また一般券のお申し込みをお待ちしています!

【入会】入会金1,000円+2ヶ月分会費3,000円で入会できます。入会後は1年間(6例会)は継続して下さい。
【一般券】4,500円(ダ・カーポ コンサートのみの参加)

コロナにめげることなく、きちんと対策をした上で、心に残る生のコンサートを楽しみ心の糧としましょう!

※日程変更に伴い、サポートメンバーのうち榊原麻理子さん(フルート)が大平重成さん(ギター)に変更になりましたこと、どうぞご了承下さい。

2020年6月23日火曜日

ご寄付をいただき事務所前テントを新調しました!

こちらブログでのご報告が遅れてしまいましたが、30年近く替えずにきた事務所前のテントを、5月末に新調しました!
鮮やかなオレンジの地に「三木労音♪」と白抜きで入れています。
遠くからでも目立ちます♪

このたびのテント新調は、三木労音30周年にあたり、結成当初から30年来会員として支えてきてくださっている3人の方が、昨年揃って傘寿を迎えられ、「三木で育った同級生同士、今まで元気で労音を楽しんでこれたことが嬉しくて」と新調費を寄付してくださり、実現しました。
テント新調をきっかけにコロナ退散、例会再開、そして今後の会の発展につなげていきたいですね!

ちなみに以前のテントは・・・
30年一度も破れずよく持ってくれました!お疲れさまでした(^^)