2019年4月22日月曜日

【次回例会紹介】ヨーデル食べ放題、そして焼肉王子・・・ 歌で物語をつづる、ユーモアあふれる親子鷹!―リピート山中(シンガーソングライター)&MAGUMA(架空のアニソンシンガー)

次回例会は、「ヨーデル食べ放題」でお馴染みの、涙と笑いの吟遊詩人・リピート山中さんと、架空のアニソンシンガー・MAGUMAさんの、「実の父子」でのご登場です!
今回のほわいえでは、お二人へのインタビューをご紹介します。
聞き手 小巻健(三木労音事務局長)





―まずはリピート山中さんの名前の由来、そして「金髪」について教えて下さい。

リピート山中さん(以下、リピートさん) 実はこの名前は、少しだけ漫画家をやっていた頃のペンネームなのです。漫画家の友人の紹介で、月刊誌にギャグ漫画を描いて投稿したのですが、その時にペンネームが要るなと思って。ギャグって一度きりではなく2~3回目までいかないと面白くない、ギャグの「繰り返し」から「リピート山中」にしました。1年間ほど連載後、漫画家は辞めて、それを音楽活動の芸名でも名乗るようにしました。1回聴いていただいた方に繰り返しお会いできるような存在になりたいという思いを込めて。また現在16年目になる「山小屋コンサート」でも「繰り返し山の中」できれいに収まりました(笑)。
金髪はうちの父親がフランス人で(笑)そんなアホな(笑)これは単純に言って、何とか覚えてもらおう、目立とうと思ってです。そうしたらオフステージでも声をかけてもらえる、小学校に行くと後で送ってもらう感想文に、みんな黄色の髪の毛、青とか緑のメガネ、丸こい顔という似顔絵を描いてくれるようになりました。

―シンガーソングライターを目指されたきっかけは?

リピートさん 私が小学校の低学年の頃にグループサウンズのブームがあり、当時ブルーコメッツっていうグループがあって、ジャッキー吉川がドラムを叩いている、僕それが好きで、母親に頼んでジャッキー吉川さんに手紙で「弟子入りさせてくれ」って送ったら断られましたけどね(笑)そうこうしているうちに今度はヤングタウンなどのラジオで、フォーククルセイダースとか、ジローズとかシューベルツとか、関西フォークが流行り出し、かっこええなと。私が小学校6年生の頃、中学3年生の兄貴のギターをちょっと触らせてもらったりしているうちに、ギターを弾いて歌うことにのめり込んでいきました。中学生の頃には人前で歌って人気者になったりもして、高校入った頃からオリジナル曲をやるようになりました。学校の文化祭に出たり、あとヤングタウンの公開放送に、在学中オーディションに受かり3回も出してもらったり。でも「プロになりたい」という思いは漠然としていて、大学卒業後、どんな音楽がいいのか分からなくなった時期もありましたが、そんな時に落語家の桂雀三郎さんとの出会いがありました。
雀三郎師匠とお付き合いするようになって、ジャンルは違えどもプロの世界、芸人としての生き方を見せていただき、またあらためて音楽をしっかりやろうという気持ちが鮮明になりました。そのうち雀三郎さんにギターを教えることになり、その時すでに僕の持ち歌だった「ヨーデル食べ放題」を雀三郎師匠が歌いたいと言われ、それがドカーンと受けてあっという間にデビューが決まりました。さらにラッキーな出会いが続き、たまたまその歌をフォークの高石ともやさんが聞き、ちょっと遊びにおいでと誘われて、その時から一緒に合宿したり、演奏したりしながらいろんなことを教えていただきました。その後もお医者さんとの付き合いができたおかげでメディカルソングというジャンルができたり、山で歌いたいと思ったのがきっかけで山の歌という世界が開けたり、様々な出会いの中から次の展開が開くことの繰り返しで、今年59歳のこの年になりました。

―「体験派シンガーソングライター」とは?

リピートさん 作品って、想像力だけで作れるものといったら知れているのですよ。仮に想像で作っても、すぐ見破られる。実際そこにいる人達が聞いたら「ちゃうちゃう、そんなんちがうがな」って突っ込まれる。だから例えば診療所の歌を作ってと言われた時は、取材させて下さいとお願いし、泊まり込みで診療や往診も、それこそ白衣を着せてもらってカバン持って一緒について行き、病人さんの前で歌い、そうして曲を作る。実際に行って空気も感じて、嘘のない歌を作りたい。想像力は大事だけど、想像を支える土台の体験、取材、ちゃんと分かろうとする気持ちが大事だという意味で体験派と言っています。また歌っていても本心で歌っているから、同じように思っている人が共感してくれる。高石さんも言っておられたけど、「フォークソングっていうのは全人格的な音楽。歌謡曲はこれ歌いなさいと言われたら悪人でも紳士でも、時にはフラれた男でも演じるけど、フォークソングは演じるのではなく、人格そのものが勝負なのです」。そういうふうに教えてもらって。確かにそれだから僕はフォークソングが好きなのです。
ちなみに「ヨーデル食べ放題」は、高石さんにもいい曲だと言ってもらいました。それは何かと言えば、日本は抒情歌しかヒットしない、つまり抒情あふれる風景や気持ちを歌い上げるものしかヒットしないが、「ヨーデル食べ放題」の歌詞は「レババラレババラ食べ放題」「制限時間は90分」「ビールは別料金」ってお店に行って書いてあるのを読んだだけ(笑)。どこにも感情が入ってなく、ただ淡々と状況を唄っているだけで面白い歌を作れるのはひとつの才能だ、あなたは叙事詩ができる人だと言ってもらいました。

―MAGUMAさんとのステージのきっかけは?

リピートさん 彼と音楽を共にするようになったのは、ちょうど中学の頃に彼が登校拒否だった頃で、何か自信を持てるようなものをということと、僕と一緒に動くことで仕事を垣間見る機会になればという、そんな思いで、カホンという楽器を薦めました。そのうちにちょっとハーモニーも歌ってみないかと薦めてみたら、割と音感も良かった。声質も合うし。それでカホン叩きながらハーモニーを歌ってもらうと僕のステージでの戦力にもなってきて・・・というのがきっかけです。

―MAGUMAさんの音楽との関わり、そして架空のアニソンについて教えて下さい。

MAGUMAさん 僕は幼稚園の頃ぐらいから、人前で面白いことをしたいという気持ちを漠然と持っていました。それは母親に連れられてよく父のステージを見にいっていたことが影響しているのでしょう。思春期に父の手伝いをやっていくうちにその思いがだんだんと研ぎ澄まされていきました。中学校時の登校拒否を経て、高校でも友達関係がうまくいかなかった時期があり、その頃に父親の人気が若干妬ましく、父とは違う所に行ってやろうという思いから声優を目指した時期がありました。そもそもアニメに触れだしたのは、深夜アニメを観ていた高校生の頃で、後々に気がついたのですが、僕はアニメそのものよりアニソン(アニメの主題歌や挿入歌など)が好きでした。アニメを彩る曲にカッコイイサウンドが多くてそれに憧れた部分もあって、途中からだんだんアニメ本編は知らないのにアニソンだけを探っていました。影響を受けたアーティストは、「マジンガーZ」の水木一郎さん、「宇宙戦艦ヤマト」のささきいさおさん、あとは「ドラゴンボールZ」の影山ヒロノブさんなどです。その後、声優の活動に挫折して彷徨っていた時に、父から「架空のアニソン」というアイデアを提案してもらい今のスタイルで歌い始めたのが2012年で、それからもう7年になります。
スタートは「焼肉王子」という父から提供してもらった作品で、原始時代にタイムスリップした焼肉屋の青年が猿たちに焼肉を教えたという物語です。次に自分で作ったのが、トイレを我慢している間だけ強くなれるヒーロー「トイレガマン」。しかしこれはきっと地上波では放送できない(笑)でもそういうものを自由に作っていける。このようにテレビでは放送されないだろうというような領域まで勝手に自分で考えて、それを作品として具現化できるのが架空のアニソンの魅力です。

―夢や目標を教えて下さい。

MAGUMAさん ズバリ、本編のアニメが出来る前に、架空のアニソンで紅白歌合戦に出場することです。僕も一時期役者で挫折を味わって、何をしたらいいか分からない時期がありましたが、その時に「架空のアニソン」という道筋を教えてくれたから、前に進めました。今度は僕が迷っている人達にこんな道があるということを、それを達成することによって伝えたいです。

―最後にお二人それぞれから三木労音会員へメッセージをお願いします。

リピートさん 我々がやっている音楽というのは、「歌物語」なんです。別にスクリーンや舞台装置があるわけではないのですが、皆さんの心のスクリーンに想像力をお借りして、どんな物語、ドラマでも描ける。これは彼のやっている架空のアニソンでももちろんですけど、僕が歌っている歌も、歌を聴くだけで風景が見えて物語が心に映るというスタイルなのです。一曲一曲違う物語を皆さんの心のスクリーンに映し出します。どうぞお楽しみに!

MAGUMAさん 架空のアニソンというと取っ付きにくいかもしれませんが、アニソンを知らない方にもお勧めなのは、本編のアニメがどこにも存在しないことです。知らなくて当たり前、アニメを見ていないから分からないということはないのです。なので余計な先入観は一旦置いていただいて、純粋に音楽を楽しむという気持ちで見に来ていただけるとすごく嬉しいです。

2/23神戸喜楽館で行われた親子会公演にて。左から3人目がMAGUMAさん、右端がリピートさん。



リピート山中 プロフィール
1960年神戸市生まれ。小学生時代聴いたグループサウンズやフォークソングに影響を受け12歳から弾き語りを始める。アマチュア~セミプロとして活動を続けながら、1996年、桂雀三郎withまんぷくブラザーズとしてメジャーデビュー。 元祖フォークシンガー高石ともや氏に見出され、ソロシンガーとしての活動も本格化。
2000年、自作の『ヨーデル食べ放題』が大ヒットし、2001年長嶋ジャイアンツ公式応援ソングも担当する。TVレギュラー・ラジオパーソナリティー(担当番組がギャラクシー大賞受賞)を経て、現在さまざまなテーマで歌を作り唄うメッセンジャーとして全国を唄い歩く。
ギターを担いで北アルプスや富士山に登り行う山小屋コンサートや山頂ライブ。医師に同行しての僻地での往診コンサートなどをライフワークとする。また地球や心の環境、家族をテーマにした楽曲で、小中学校などでの『唄う講演会』の依頼を受けることも多い。出かけて出会って感じて唄う、体験派シンガーソングライター。 2015年から 『ヨーデル食べ放題』 がJR大阪環状線の鶴橋駅発車メロディーとして流れる。
オフィシャルサイト http://repe.jp

MAGUMA プロフィール
兵庫県神戸市出身の架空のアニソンシンガー。
父親であるシンガーソングライター・リピート山中と組み、2012年、実在しないアニメの設定から、主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り歌う「架空のアニメソング」プロジェクトを立ち上げる。
架空のアニソン代表作「焼肉王子」を筆頭に、地域のお祭りや商店街などの野外イベントに出演。架空ならではの大胆で独特な世界観を歌いあげ、関西を中心に、各イベントなどに出演している。
2017年10月より、作詞家としての活動も開始。新たなアニソン界への架け橋。
オフィシャルサイト https://maguma-fire.com


三木労音第170回例会
リピート山中×MAGUMA コンサート
2019年5月23日(木)19:00開演
三木市文化会館 小ホール
入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(リピート&MAGUMA例会から参加希望の方は4・5月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。

2019年4月8日月曜日

お祭りのような高揚感!元気をいただいた独楽のステージ!

事務所の前の桜も今がちょうど満開となりましたが、桜の花もようやく開こうという先月3月の28日(木)に、三木労音例会「和楽器演奏集団 独楽(こま)」を開催しました。
写真で振り返ってみましょう。
チラシ折込みは、毎度ながらみんなで行うとあっという間に出来てしまいますね。
開演前、ロビーで独楽のメンバーを待つひととき・・・
独楽のメンバーは、舞台衣装で歓迎会に出てきて下さいました。
着物の和田副会長より三木労音を代表してご挨拶。
 独楽の皆さんと運営スタッフで記念写真。
いよいよ開場が近づいてきました。最後の打ち合わせの後、会員の皆さんをお迎えします。
前回例会「木村大ギターコンサート」の写真ダイジェストをロビーで展示しました。

開演前の舞台挨拶では、提灯や筝に着物がマッチしていました。
いよいよ開演。舞台セットに気持ちも高ぶります。
出だしの「俄」では、神が降りてきたような植木陽史さんの演技に度肝を抜かれました!
 京極由加さんの「さくら」の歌に続いて、川口真満さんの筝と京極さんの津軽三味線の優雅な演奏。
 竹葉魁さん(左)、植木さん(中央)、中井雄太郎さん(右)の3人の男衆による勇壮な太鼓。
再び川口さんの筝、京極さんの津軽三味線、そして大升陽一郎さんの篠笛が加わり、6人の和楽器アンサンブルが迫力の演奏。
 植木さんの伊勢音頭に始まり、迫力の斜打ちの「みやけ」。
 後半は、ユーモラスな肥後手まり唄から開始。会場から笑いが沸き起こりました。
 そして植木さん、京極さんお二人による津軽三味線バトル!
植木さんの大太鼓の乱れ打ちは魂が籠っていて素晴らしかったですね!
 ラストは再び全員合奏の迫力ある演奏!
アンコールは「ソーラン節」で盛り上がりました!獅子舞も登場し、客席に降りてきて頭を噛んでもらいました。
終演後、ロビーにてお見送りの演奏もして下さいました。
独楽のステージはそれぞれの演奏が良かったのはもちろんですが、シリアスに魅せる演目と笑いのある楽しませる演目のメリハリがあり、舞台転換も無駄なくきびきびと行われ、会員の皆さんも大満足!!でした。
春の夜のひととき、和楽器の響きとまるでお祭りのような独楽のステージに、懐かしさと心の高まりを感じ、元気をいただきました。ぜひともまた来ていただきたいですね!!

2019年2月26日火曜日

【次回例会紹介】和楽器だからこそ伝えられる、懐かしい大地の匂い、日本人が育んできた心―和楽器演奏集団 独楽(こま)

次回例会は、和太鼓、津軽三味線、筝、篠笛等、邦楽器の魅力を今に伝える「和楽器演奏集団 独楽(こま)」にご出演いただきます。
今回のほわいえでは、独楽の主宰者である植木陽史さんへのインタビューをご紹介します。
聞き手 小巻健(三木労音事務局長)

植木陽史さん



―植木さんにとっての音楽の原体験は何ですか?

植木陽史さん(以下、植木さん)僕の生まれ故郷である香川県観音寺市の秋祭りでは、ちょうさ(太鼓台)という蒲団太鼓が街を練り歩きます。子供の頃からそのお祭りに参加し、太鼓の音を聞き育ちました。
 今の舞台芸能の太鼓ではもちろんありませんが、僕の演奏の根本にはお祭りを意識し、自分の人生がお祭りだとも思っております。

―独楽を結成するまでの道程を教えて下さい。

植木さん 鬼太鼓座(おんでこざ)というプロの和太鼓集団で3年間修行し退座。その後自身が思い描く舞台づくりをしたく、「和楽器演奏集団 独楽」を結成いたしました。
 僕が目指す舞台は、演奏者とお客様との目線の高さが同じであり、より身近に感じていただけるような舞台を作りたいと常々思っております。

―「独楽」という名前に込められた思い、また今回お越しいただくメンバーを教えて下さい。

植木さん 独楽とは、おもちゃのコマをそのまま漢字で書き表しチーム名にいたしました。コマの様に回りつつ、お客様を巻き込みながら、ひとつの舞台をつくりたいという願い、そしてどこか懐かしい土の匂いがする様な舞台をつくりたいという願いが込められています。

今回お邪魔いたしますメンバーをご紹介いたします。

川口真満(かわぐちまみ)琴
・・・僕が鬼太鼓座での修行時代、すでに鬼太鼓座のゲストとして参加されておられました。

京極由加(きょうごくゆか)津軽三味線・唄
・・・僕が津軽三味線を学ぶきっかけを下さった日本民謡京極流家元・京極利則師匠の実子でして、僕にとっては津軽三味線の師匠です。

大升陽一郎(おおますよういちろう)篠笛・獅子舞
・・・僕と同い年で同じ瀬戸内育ち。どことなくテンポが似ていて、気心許せる仲間です。彼の舞う獅子は僕の中では日本一です。

中井雄太郎(なかいゆうたろう)和太鼓
・・・今、一番元気な年代。若さ溢れるメンバーです。力強い演奏を期待してください!

竹葉魁(ちくばかい)和太鼓
・・・メンバー内、一番の若手。全てにおいて若いですが、ただただ一生懸命ですので、どうぞあたたかい眼差しでみてやって下さい。

―これまで独楽でどのような場所で演奏をされてきましたか?

植木さん 路上での演奏から始まり、老人ホーム、町のお祭り、企業さんのパーティー、様々な場所での活動を経て、今では毎年の全国ツアー、海外公演をおこなっております。

―演奏活動以外で力を入れておられる活動を教えて下さい。

植木さん 東日本大震災が起き1年が経ってから毎年、気仙沼復興協会さんを頼り、復興支援活動ということで仮設住宅や老人ホーム、小学校、幼稚園などで演奏をさせていただいております。
その際には独楽の演奏活動で義援金を募り、その全額を気仙沼復興協会さんへとお渡ししております。

―植木さんにとってのリフレッシュは何ですか?

植木さん 基本的にはお休みがないので、 こちらには「太鼓を打つ事」と書いておきます(笑)。人生を楽しむ事かな・・・。

―楽器に対して、舞台にむけての思いを教えて下さい。

植木さん 舞台=楽器、生かすも殺すも自分次第。誰も助けてはくれない一期一会の舞台です。毎回一所懸命に打ち込んでおります。





独楽 プロフィール
2001年、植木陽史(うえきようじ)を中心に和楽器をこよなく愛する者たちが心をひとつに関西を拠点として 「和楽器演奏集団 独楽(こま)」を結成。和太鼓だけではなく 津軽三味線・琴・尺八・篠笛・唄などを加え、今までにない独楽独自の世界観を造り上げて来た。
2002年に旗揚げ公演を成功させ その後全国ツアーを展開し、2005年からは サウジアラビア、アルジェリア、エチオピア、中国、フランス などへの海外進出も果たした。
2017年 結成15周年を迎えた。
しかし彼等は決して満足することはなく、今この瞬間も和楽器の魅力 そして日本人であることのすばらしさを伝え歩いている。
Facebookページ https://www.facebook.com/koma.info.since.2001/

植木陽史(和太鼓)
香川県観音寺市出身。3年間、和太鼓集団「鬼太鼓座」で修行。在籍中、のべ1年間6千キロに及ぶ中国大陸マラソンツアーを達成。
2001年3月、自身が目指す舞台を創るために退座。同年4月、日本民謡京極流の門を叩き、津軽三味線・日本民謡の勉強を始める。
翌2002年1月に和楽器演奏集団「独楽」を結成。和楽器だけでなく様々なジャンルのアーティストとの共演も数多くおこなっている。

川口真満(筝)
6歳より生田流箏曲を学び、NHK邦楽オーディションに3回連続合格。
「鬼太鼓座」に8年間箏奏者としてゲスト出演し、200箇所以上の海外公演を経験する。2001年には名古屋フィルとの演奏でソリストを務める。
現在は地元名古屋を拠点に、モダンバレエや洋楽器との共演、JAZZににも挑戦している。

京極由加(津軽三味線・唄)
父・京極利則(日本民謡京極流家元)の影響を受け、津軽三味線を学ぶ。
1994年全国津軽三味線大会・団体の部で優勝。同年師範代取得。全国津軽三味線東京大会にて、2004年より3年連続入賞。
現在は独楽の活動以外に、姉弟子である京極あつ子と共に女性津軽三味線ユニット「来世楽(らせら)」としても活動中。

大升陽一郎(篠笛・獅子舞)
岡山県出身。京都在住。幼少の頃から地元の獅子舞や備中神楽を見て育つ。
2009年より伊勢太神楽で約2年間の巡業生活の後、独楽へ入団。篠笛や和太鼓の魅力を広めると共に「人」ではなく「獅子」が舞う獅子舞を目指し稽古に励む。

中井雄太郎(和太鼓)
幼い頃、和太鼓集団「鬼太鼓座」の演奏に魅了され、6歳よりアマチュア太鼓グループに参加。16年間関西を中心に演奏活動を行う。
あるきっかけで和楽器演奏集団「独楽」を知り、より自分のスキルアップを求め2017年10月より独楽に入団。自身が受けた感動を伝えたく、プロの奏者としての道を歩き始めた。


三木労音第169回例会
和楽器演奏集団 独楽(こま)
2019年3月28日(木)18:30開演(18:00開場)
三木市文化会館小ホール
入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(独楽例会から参加希望の方は2・3月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。

2019年2月14日木曜日

木村大さんが奏でる1本のギターから生まれた無限の世界!

暦は春ですが、まだまだ寒さが繰り返し訪れる日々です。
そんな春の前触れの2月3日節分の日に、三木労音例会「木村大ギターコンサート”SCENE”」を開催しました。
カッコいい演奏にしびれましたねー!!
今回は日曜日のお昼間の開催でした。
ロビーにて和気あいあいとチラシ折込み作業を。
そして開場前に例会スタッフを中心に木村さんを歓迎!
木村大さんはとってもスマートで爽やかな好青年でした!
三木へお越しいただいた記念に、肥後の守とタオルマフラーをプレゼント。
スタッフ皆さんで記念撮影☆
そして開場。ぞくぞくと入場・・・
今回は和田副会長による舞台前挨拶(^^)
そして開演。激しくもどこか切ないようなギターのラスゲアードが響き渡ります。
演奏の時のシリアスな雰囲気とうって変わって、MCでは人懐こい笑顔が素敵でしたね!
クラシックスタイルの弾き方から、フラメンコやロックのようなスタイルの弾き方まで、幅広い演奏スタイルが木村さんの魅力。
そしてたった1本のギターから、どのようにしてこれだけ幅広い豊かな音楽が奏でられるか分からないほどの、素晴らしい世界が広がります。
曲を弾き終えた瞬間・・・イエーイ(^^)b
最後は上着を脱いで、リラックスした雰囲気でアンコール曲を演奏していただきました!
 終演後、ロビーは熱気ムンムン!!
 終演後のサイン会では、お一人お一人と笑顔で握手を交わされました(^^)
そして最後は木村さんを三木労音事務所にお招きして打ち上げ。
今年、木村大さんはデビュー20周年を迎えられました。
デビューが17歳でしたので、20周年といってもまだまだお若い!
しかし、クラシックギターではあまり見られないお客さんを巻き込んでのステージ運びや、ギターに関心のない方でも引きつけるトーク、そしてステージマナーなどは、さすが20年間様々なシーンで第一線を走り続けてこられた木村さんらしく、洗練されていましたね。
三木労音でも今回、満を持してお越しいただけて本当に良かったです!ぜひまたお越しいただきたいですね!