2019年9月30日月曜日

【次回例会紹介】アンデス地方の伝統的な音楽を現代に「目覚めさせる」力を持った4人組!―リチャリー(ペルー音楽演奏グループ)

次回例会は、南米ペルーより来日されるペルー音楽演奏グループ「リチャリー」にご登場いただきます!
今回のブログでは、メンバーへのインタビューをご紹介します。
聞き手 小巻健(三木労音事務局長)

リチャリー(左から順番に)
ディマス・ヘンリー・エチェガライ・マルケス
ダニエル・ウアマン・メヒア
リチャード・ジョンソン・オリヴェラ・グティエレス
ホセ・ルイス・ウアウアティコ・グティエレス



―日本ではペルー音楽と言えば伝承音楽フォルクローレが一番に思い浮かびますが、ペルー国内の音楽シーンの中でフォルクローレはどのような位置付けでしょうか。

リチャリー ペルーは海岸地方(コスタ)、アンデス地方(シエラ)、アマゾン地域(セルバ)の3つの地域に分けられますが、地域ごとに気候や住んでいる人々などの違いから、それぞれの地域で音楽にも特徴があらわれています。またペルーの全地域のリズムを合せると、200種類以上はあると言われています。
フォルクローレは、その中でもアンデス地方の伝承音楽にスペイン系の音楽を融合させたものと言われています。日本の民謡と同じように、現代の若者にはそれほどポビュラーな音楽ではないようです。

―リチャリーは毎年来日されて音楽活動を展開されていますが、日本に来られるようになったきっかけを教えて下さい。

リチャリー リーダーのリチャードが以前より日本で音楽活動を行っており、その際に現プロジェクト(LAMCEP)代表と出会ったことがきっかけとなって、自分のグループ「リチャリー」を連れてくるようになりました。

―のどじまんTHEワールドで優勝された時は美空ひばりさんの「愛燦燦」、河島英五さんの「酒と泪と男と女」を歌われましたが、どういったところに共感されましたか。またどのような気持ちで日本の歌を歌われますか?

リチャリー 両方とも、詩の内容に共感しました。人生の愛を感じます。日本語の歌を唄うときは、聴衆の皆様と歌詞でもって繋がれる感覚が強くなります。

―日本滞在中、好きな食べ物は?

リチャリー 味噌汁、ちゃんぽん、カレー、ラーメンなどです。

―ペルーの文化でここが素晴らしいと思う点を教えて下さい。

リチャリー インカの時代から受け継がれた文化に西洋の文化が融合され、新たなペルー文化が生まれたところです。

―コンサートを聴きに来られる皆さんへメッセージをお願いします。

リチャリー 「リチャリー」とは「めざめさせる」という意味です。私たちの音楽を聴くことで、なんらかの目覚め(気づき)があればいいと思っています。


Rijchary(リチャリー)
Rijchary(リチャリー)は、2010年に結成され、主にペルーの観光都市クスコやウルバンバで活動を続けてきました。
ペルー全域の音楽を演奏することができる ペルー国内でも稀有な存在で、伝統的な音楽に彼ら自身のオリジナリティを融合させ、独特の世界を創り出しています。
グループ名の「Rijchary」は、ペルーの公用語の一つであるケチュア語で「目ざめさせる」という意味です。

リチャード・ジョンソン・オリヴェラ・グティエレス Richard Jhonson Olivera Gutierrez
2月2日 フニン県ワンカイヨ生まれ。リチャリーのリーダー。メインボーカル。弦楽器(ロンロコ、チャランゴ)管楽器(ケーナ、サンポーニャ)担当。
ヨハン セバスチャン バッハ学院で学んだ後、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、日本でキャリアを積み、2010年リチャリーを結成。
日本には、2005年に初来日。2014年1月まで、毎年 数ヶ月間日本国内で活動している。

ホセ・ルイス・ウアウアティコ・グティエレス Jose Luis Huahuatico Gutierrez
11月25日 リマ生まれ。弦楽器(ギター、ロンロコ、チャランゴ)管楽器(サンポーニャ、ケーナ、ケナーチョ、ケニージャ、タルカ)担当。 ヨハン セバスチャン バッハ学院で学んだ後、ペルー、ボリビアでキャリアを積む。
2000年、マチュピチュにおいて弟リチャードと共に演奏活動をした後ソンコインカを結成。2010年ソンコインカを解散し、弟リチャードとリチャリーを結成した。

ディマス・ヘンリー・エチェガライ・マルケス Dimas Henrry Echegaray Marquez
3月7日 アプリマク県アバンカイ生まれ。弦楽器担当。ギター、チャランゴ、ベース、マンドリン等。
レアンドロ アルビニャ ミランダ大学を卒業し小学校等で教鞭を取った後、2010年リチャリーに参加。大学で学んだ知識をリチャリーにおいて活かしグループに貢献している。

ダニエル・ウアマン・メヒア Daniel Huaman Mejia
1月3日 クスコ生まれ。管楽器(サンポーニャ・ケーナ・ケナーチョ・トヨ・アンタラ・タルカ)、弦楽器(ロンロコ・チャランゴ)、打楽器(ボンボ)担当。
レアンドロ アルヒニャ学院で学んだ後、ペルー・ボリビア・パラグアイ・ブラジルでキャリアを積む。
2017年リチャリーに参加。あらゆる楽器をオールマイティーに演奏することができる演奏家であり、特に管楽器の演奏に対しては高い評価を得ている。

オフィシャルサイト http://www.rijchary.com

三木労音第173回例会
リチャリー フォルクローレコンサート
2019年10月21日(月)19:00開演
三木市文化会館小ホール
入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(リチャリー例会から参加希望の方は10・11月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。

絡み合い変化する6人のサウンド、そして夏の思い出に感謝!

いよいよ9月も最終日となりましたが、今月中旬の9月16日(月・祝)には三木労音例会「シベリアン・ニュースペーパー」を開催しました。

今回は例会に先駆けて、シベリアン・ニュースペーパーのメンバーのうち、藤田さん(ピアノ)、阿守さん(ギター)のお二人が「三木を知ろう」と8月末になんと泊まりでお越し下さいました。
 上の丸城址公園にて
エフエムみっきぃ生出演

この他にも、みき歴史資料館、金物資料館、竹中半兵衛の墓、秀吉本陣跡などを回っていただき、短い時間でしたが三木を堪能していただきました。
(この間FMを聴きましたという方も数人いらっしゃいました。)

そして迎えた例会当日。
なんとお二人が二日間巡った三木の町を紹介するオリジナルポスターを作ってきて下さり、ロビーに貼り出しました。(メンバーも総出で作業を行って下さいました!)
ここからは運営スタッフによるいつものチラシ折込み作業。
運営メンバーで、シベリアン・ニュースペーパーのメンバーを歓迎!
まもなく開場。その前にスタッフ一同でミーティングを。
ロビーでお待ちの皆さんにポスターを見ていただいています。
さあ開場です!
 続々と会場へ入場される皆さん。(舞台の映像は前回例会のスライドショーです)
和田副会長のあいさつ。
そしてシベリアン・ニュースペーパーのライブがスタート!(ステージ写真撮影/久保範英氏)
6人の演奏が絡み合って生まれる絶妙のサウンド、万華鏡のように変化していく旋律が、聴く人をどんどんと想像の世界へ連れて行きます。
初めて聴くのにスッとその世界に入れたという感覚を持たれた方も多かったのではないでしょうか。シベリアンの楽曲の力と、生き生きと演奏するメンバーの姿がきっとそうさせるのでしょうね。
写真からもあの日の素晴らしいサウンドが聴こえてきそうです。
合間のトークでは三木を巡られてのトピックスもたくさんお話しいただき、嬉しかったですね。地元のことはかえって知っているようで知らないということも往々にしてありますが、中には私たちも行ったことがないような場所のことまで飛び出して、三木に住んでいる私たちも「へー」と感心するような場面もありました。地元の魅力を再発見した気分でしたね。(全国各地からたくさんいらっしゃったシベリアンのファンの方々にも三木を知っていただけました。)

終演後のロビーは、アンケートを書く方、CDにサインを求める方、ポスターをあらためて眺める方で、熱気いっぱいに。
このようにして今回も楽しい例会を終えることが出来ました。
9月の最終日に、今振り返ってみますと、シベリアン・ニュースペーパーとの交流が「夏の思い出」のようによみがえってきます。(7月に観音寺でインタビューをさせていただきましたしね。)
音楽もお人柄も素敵だったシベリアン・ニュースペーパーの皆さん、ぜひまた三木にお越しいただける日を楽しみにしています!

2019年8月18日日曜日

【次回例会紹介】6人の個性の乱反射から生まれるサウンド、世界中の音楽を内包するインストバンド!―シベリアン・ニュースペーパー(バンド)

次回例会は、6人組のインストゥルメンタルバンド、シベリアン・ニュースペーパーにご登場いただきます!
今回のほわいえでは、メンバーへのインタビューをご紹介します。
聞き手 小巻健(三木労音事務局長)

シベリアン・ニュースペーパー



左から、阿守孝夫さん(ギター)、土屋雄作さん(ヴァイオリン)、山本周作さん(コントラバス)

―まずはバンド名の由来と、結成のいきさつについて教えて下さい。

阿守さん 最初にこのバンドを作る時に、日本から世界のどこにでも飛び出していけるような音楽をしたいと思って作ったのです。それで、「シベリア」という異国情緒のある言葉を選びました。「シベリアン・ニュースペーパー」という、語呂もいいですし。元々念頭にあったのが、例えばモントルージャズフェスティバルのような、世界中から実力者が集まるステージに出たいという思いがありまして、それまでしていたバンドを解散させて、そういう世界を目指していける、例えていうなれば甲子園目指せるメンバー(笑)に集まってもらい結成しました。
新しいメンバーを集めるにあたって一番最初に念頭にあったのはヴァイオリンの土屋君でしたね。僕が前にやっていたバンドで、ある時に彼にサポートで出てもらったのですが、彼が登場したことによって会場がすごく盛り上がったのですね。こういうのを僕は持ってないと思い、必ず欲しいと思いました。
そして、僕と藤田、真鍋、平尾は、実は高校時代にバンドをやっていた仲間で(香川県三豊市)、彼らは僕のことをよく知ってくれているので、昔コント、じゃないバンド(笑)を組んでいた、ノリもツッコミも分かっている旧知の友に協力を要請しました。

左から、平尾正和さん(パーカッション)、真鍋貴之さん(ギター)、藤田一宏さん(ピアノ)

藤田さん 高校時代に一緒にやっていた仲間が、それぞれ香川を出て関西とか関東でそれぞれ別のバンドをやっていましたが、期間をおいてまた戻ってきたという感じです。
実はシベリアンには僕が最後に入ったのですが、ある日突然阿守から電話がかかってきて、「2、3週間後のライブでピアノが要るから、音源と楽譜を送るのでよろしく」って(笑)。届いた音源にピアノが入っていて、「OK。これをコピーしとくわ」と言ったら「いやコピーじゃなくて、お前のものを作ってこい」って、「えっ、全部無視するの?」と聞いたら「全部無視しろ」(笑)。
もう一人のメンバーの山本は、僕が昔勤めていた音楽関係の学校で先輩だった人です。ある日山本の家に行った時に、そこが、阿守が当時住んでいた家のすぐ近くだったので紹介したのが最初の出会いでした。阿守がシベリアンを結成する際に、コントラバス(コンバス)のメンバーが欲しいと聞き、山本の家にコンバスが転がっていたのを思い出して声をかけました。

山本さん 元々僕はギターを作る職人だったのですが、実はコントラバスは楽器の構造を調べるために買っただけで、練習はしたことがなかったのです。それを見られて声がかかり、弾いたことないけど面白そうなんで頑張ります、と加入しました。

藤田さん 音楽関係の学校でスタッフをしていたのがもう20年ぐらい前。その時に山本と阿守を、家が近かったからと言う理由で紹介して、そこから10年以上が経って阿守と土屋が出会って、その時に彼らの中で全部つながっていったという感じです。

―シベリアン・ニュースペーパーの音楽は、様々な国の音楽が融合しているような、とてもユニークな作りになっていますが、作品づくりやサウンド作りのポリシーを教えて下さい。

土屋さん 僕らは、誰かが作曲してきたものをみんなで演奏するということはしていないのです。例えば誰かがこのメロディーを弾きたいと作ってきたとします、じゃあこれ曲にしてみましょうかとみんながそこに乗っかっていくという感じです。15年前に阿守とどんな音楽をやろうかという話をしていた時、当時よく見ていたフラメンコ、ロマをドキュメントした映画があり、こんな感じのことがやりたいとインスピレーションを受けました。でも僕らは日本人だからそれをそのままやるという訳ではなく。

阿守さん 僕らはどこかの国の音楽の第一人者になりたいわけではなく、それぞれのエッセンスを用い、それに対してメンバーがそれぞれアプローチする、それが予測もつかないような乱反射を起こす。自分が持ってきたフレーズが思いもよらないところに着地することもしょっちゅうありますが、それが楽しい。そこから最終的に6人でまとまったらシベリアンの音楽になる。だから一元的じゃなくて多元的ですね。
例えて言うと、動き方が違うチェスの駒をメンバーそれぞれが持っていて、こっちがこう出したら、次にこう出してくる、というような感じ。だから読めないし、最初は誰もゲームが分からないのです。しかし、こういうゲームだったんだと分かった瞬間に音楽のイメージがブワッと出てくるのです。

―メンバーお一人ずつ、それぞれが影響を受けたアーティストを教えて下さい。

阿守さん 僕はクラシックです。そんじょそこらのクラシック好きじゃないです。音楽理論は詳しくないので耳で記憶して、例えばラヴェルがこの曲でやっていたアレンジにしたいというのをみんなに相談したら、みんながそれをやってくれる、みたいな感じです。

藤田さん 僕はもうスーパー坂本龍一オタク(笑)。あとドリームシアター(アメリカのメタルバンド)。その他にもたくさん好きな人がいますけど、その二人への愛と比べたらちょっとワンランク落ちますね。

真鍋さん 僕は好きなジャンルっていうのがあんまりなくて、自分の気に入ったギターサウンドが全てです。ロックでも、メタルでも、ジャズでも、クラシックでも、いいなと思ったものはなんでも。それがどんどん広がっていって、自分が何屋さんか言われたらわからない(笑)それを全部シベリアンに注入しています。

平尾さん 僕は普段聞くのはメタルばかりですが、シベリアンのサウンドに出ている音楽として一番影響を受けたのは、クランベリーズ(アイルランドのロックバンド)だと思います。そこを外すとハードロック、ヘヴィメタルしか出てこないので(笑)

山本さん 僕はファンクですね。ラリー・グラハム、ブーツィー・コリンズ、ジェームス・ブラウン。でもシベリアンの音楽的な話でいくとジャコ・パストリアス(ジャズ&フュージョン系のエレキベーシスト)に一番影響を受けています。でも一番初めに影響を受けたのは聖飢魔Ⅱです(笑)。

土屋さん あんまりないのですが、ヴァイオリンをかっこよく弾きたくなったのはナイジェル・ケネディ(イギリスのヴァイオリニスト)の影響です。パンクファッションで普通にクラシックのヴァイオリンコンチェルトを弾くような人です。作曲の仕事をし始めてからはその時々で聴く音楽が違うので、EDM(クラブのダンス音楽)とかも聴きますし。映画音楽もやっていますが、「アメリ」という映画の音楽を作ったヤン・ティルセン(フランスのミュージシャン)は凄い好きだし、多分シベリアンにもそういう要素がありますね。

―シベリアン・ニュースペーパーは2005年に結成、その後2014年に一度活動を休止しておられ、去年2018年に活動再開されました。今後の活動についてお聞かせていただけますか。

藤田さん 活動休止前にはたくさんのスタッフが関わって下さっていたのですが、再開後は少し身軽に、メンバー6人で全てを決めています。そのことでこれまでやってきた仕事のやり方を、根底から見直していくということをやりたいのです。例えばコンサートホールやライブハウスでのコンサートだけでなく、世の中にたくさんある素晴らしいロケーションの場所でやったり、シベリアン・ニュースペーパーと何かをやりたいと考えている人と一緒にやったり。「こうじゃないといけない」という、これまでのミュージシャンの仕事のやり方を、根底から疑っていきたいなっていうのが今の活動の考えです。
今僕が思っているのは、シベリアン・ニュースペーパーというバンドを、作曲をして、演奏をして、CD、DVDを作って売って、というだけの集団に留めたくないということです。例えば今年3月に富田林市で開催したプラネタリウムライブでは、阿守が台本を作って星空解説を行ったのですが、今までの事+1、という感じで、少しずつ新しいことを試みていきたいと思っています。
音楽というのは、僕はコミュニケーションツールだと思っています。例えば音楽が好な人達の中にも、貧乏な人とスーパーリッチな人がいて、普通に生活しているだけではこの二つの階層にはあまり接点がないのですけれど、もしこの中で同じ音楽が好きだった場合、普段の生活のバックグラウンドを離れて音楽の話だけで盛り上ることができる。それは例えば日本人でも、アフリカ人やヨーロッパ人やアメリカ人でも、ひとつのバンドやミュージシャンが音楽を奏でれば、そこで言語を超えたコミュニケーションが生まれるのですよね。なので、そのような形でコミュニケーションツールとして音楽を使うようなバンドでありたい。シベリアン・ニュースペーパーをハブ(結節点)としてどこかとどこかを、誰かと誰かをつなげる、例えばプラネタリウムとお客さんを、三木市の方と何かをつなげるということが、僕達の活動のひとつだと思っています。

―三木労音例会にむけての抱負をお聞かせ下さい。

藤田さん 三木を知るためにまず一泊二日で観光に行きます。金物屋さんを回ります(笑)

阿守さん 三木の地元の人しか行かないような居酒屋に行って、死ぬ寸前まで飲みたいですね(笑)

シベリアン・ニュースペーパーのメンバーのうち4人の地元である香川県観音寺市で7月13日に開催されたイベントに彼らが出演され、三木労音から4名で参加しました。
同日の開演前の貴重な時間をいただき、このインタビューをさせていただきました。
(左6人がシベリアン・ニュースペーパーのメンバー)



シベリアン・ニュースペーパー プロフィール
2005年結成 バイオリン、アコースティックギター、クラシックギター、コントラバス、パーカッション、ピアノの6人編成インストゥルメンタルバンド。
2006年 1st アルバム「ASIATIC SPY」発表、 イギリスのマンチェスターで行われた音楽フェス「In The City」に出演、BBCにて世界中に放送される。
2007年 FUJI ROCK FESTIVAL 出演、フランスのカンヌで開催された音楽見本市「MIDEM」に参加。
2008年 2nd アルバム「COMICAL SALUTE」発表、タイガーIH炊飯ジャーTVCMに「SLOVENIAN MORNING」を提供。
2009年 ヴィヴァルディ「四季」を編曲したコンサートを開催、同コンサートを収録したアルバム「四季」を発表。
エドワードゴーリーの絵本「敬虔な幼子」の世界観を楽曲化したコンサートを開催、PE’Z 10周年トリビュートアルバムに参加。
2010年 3rd アルバム「HISTORIA SIBERIANA」を発表。
2012年 4th アルバム「0」を発表、演劇集団キャラメルボックス「無伴奏ソナタ」に楽曲を提供。
2013年 演劇集団キャラメルボックス「隠し剣鬼ノ爪、盲目剣谺返し」に楽曲を提供、愛知県豊川市制70周年記念番組「豊川からアルマ望遠鏡へ宇宙へと続く道」に楽曲を提供。
2014年 ラストツアーを行い活動休止。
2018年 神戸で行われたエストニア音楽祭への出演を皮切りに活動再開

オフィシャルサイト http://www.siberian-newspaper.com/


三木労音第172回例会
シベリアン・ニュースペーパー
2019年9月16日(月・祝)18:30開演
三木市文化会館小ホール
入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(シベリアン・ニュースペーパー例会から参加希望の方は8・9月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。

2019年7月25日木曜日

梅雨の最後に響いた、輝&輝の爽快な津軽三味線!

先週金曜日、三木労音6・7月例会の「津軽三味線デュオ 輝&輝」を三木市文化会館小ホールで開催しました。
今年は梅雨入りが遅かったせいか、なかなか梅雨明けがやってきませんが、先週のこの日の前後も雨が続く中での開催でした。
しかし、輝&輝のお二人にはそんな雨を吹き飛ばすかのような、しなやかで爽快なすばらしい演奏を聴かせていただきました。

コンサートの一日を写真で振り返りましょう。
 まずは夕方の、チラシ折込み作業から。
いつもたくさんの皆さんに作業に参加していただき、たくさんの種類のチラシもほどなく終了します。感謝!

そして、今回はリハーサルを終えた小ホールステージで、輝&輝の歓迎会をさせていただきました。
あいさつをする和田副会長。
輝&輝のお二人には三木にお越しいただいた記念に、三木染型紙デザインのクリアホルダーとタオルマフラーをプレゼントしました。
そして外はまだ明るいですが、いよいよ開場の準備を。
「こんばんは」というには明るいですが、スタッフも来場者も会員同士なので、挨拶が飛び交います。
和田副会長の舞台挨拶も終り、いよいよ輝&輝のステージの開幕です!
張りのある津軽三味線の音色が客席内にひびき渡り、それまでの空気とサッと変わります。
 白藤ひかりさん
武田佳泉さん
前半は津軽の曲や民謡を中心に、三味線デュオだけでなく武田さんの唄も聴かせていただけました。
 手拍子、合いの手の声、一緒に歌ったりと、客席も一体となって。
「うどん天丼、カレーうどん、ステーキ丼牛丼」参加した方は覚えていますよね(笑)

後半は衣装も変えて、オリジナル曲を中心に演奏していただきました。
お二人の演奏から、津軽の風景をはじめ、レトロなムード、ポップスのメロディーのような雰囲気、そしてワールドワイドなサウンドなど、進化していく津軽三味線の現在進行形を感じました。
その昔、初代・高橋竹山さんによって津軽三味線は唄の伴奏だけではない、独奏楽器として認知されましたが、こうして優れたアーティストによって楽器はまた次のステージへ発展していくのですね。
もちろん最後の「津軽じょんから節曲弾き掛け合い」は、津軽三味線の迫力の真骨頂でしたね!

終演後のロビー風景。
サイン会に並ぶみなさん。
コンサートが終わる頃には雨もあがっていて、余韻に浸りながら皆さん帰路につかれました。
輝&輝はプロ活動10年以上のキャリアを積んでこられていますが、その間演奏活動と並行して数々のコンテストなどにもチャレンジ、素晴らしい成績を残されるなど、とても向上心あふれるお二人です。今回のコンサートでも素晴らしい演奏はもちろん、お客さんを楽しませる工夫があちこちに凝らされていて、そのあたりのところがさすが!と思いました。
今回は三味線お二人だけの演奏で十分満足しましたが、他の楽器とコラボしたバンド演奏もまた違った味でお薦めです!
またぜひ三木にお越しいただきたいお二人でした!

最後に、輝&輝のfacebookで今回のご出演のことを書いていただいていますので、ご覧下さい。