2016年9月6日火曜日

初の大ホール満席!!特別例会「沢田研二LIVE2016 "un democratic love"」

さてずいぶんと経ってしまいましたが、先月8月25日(木)、三木労音特別例会として「沢田研二LIVE2016 "un democratic love"」を開催しました。

祝!!大ホール満席(三木労音初!)

※開演15分前の写真ですので、若干の空席があることはご容赦下さい。

1288席の大ホールがPA席を除いてすべて埋った光景は、感無量!
会館のスタッフからも「(このホールに)これだけいっぱい入ったのは久しぶりちゃうか?」とのお言葉をいただきました。
今回の「沢田研二」例会は、「絶対に満席にする」を掲げて、4月27日から一般券販売を開始しましたが、多くの方からご支援、ご協力をいただき、おかげさまで例会1か月前には1200名を超え、2週間前には「満席御礼」のお知らせを出すことができました。
取り組み期間中は、宣伝が届けばそこに必ず申し込みされる方がいらっしゃり、さすがジュリー!を感じることしばしば。第一線で50年近くにわたり歌手活動を積み上げてこられた68歳ジュリーの不動の人気は、本当にすごいなと思いました。

そしてその魅力はステージで全開!
冒頭からいきなり高いボルテージで熱唱するジュリー。走る、飛ぶ、叫ぶ!客席もスタンディングで興奮の渦に。そしておなじみの代表曲をはじめとしたナンバーを次から次へ休みなく熱唱するパワフルなスタイルは、本当に圧巻でした。またバンドの皆様の演奏の迫力もスゴイ!
中間部では「我が窮状」、そして今の社会、政治に対する思いが込められた新曲が並びましたが、スーパースターの衣を脱いで、一人の人間、社会人として社会に真面目に、誠実に向き合う姿が伝わってきて、ぐっと身近に感じました。
ラスト近くの「緑色のKiss Kiss Kiss」では歌詞中の「ヨコハマ」の部分が「三木市」に!
「三木市の角(すみ)で平和を祈るよ~」は嬉しかったですね
また歌う姿はカッコイイ一方で、しゃべると「関西オヤジのボヤキ」風MCで客席を笑わせ、これまた違った一面を見せてくれました。
この「全力投球のパフォーマンス」と、「社会に対する真面目な姿勢」、「脱力トーク」の多面性が、ジュリーのステージの魅力なんだなと私は思いましたが、皆様はいかがでしたでしょうか。

終演後もたくさんの方から「良かった!」の声を聞きました。特にジュリーファンの方からは多大な感謝の言葉をいろいろといただきました。
(当日に配布したセットリスト入り会報「すて~じ」が、ファンの間で大変好評のようです)

来年は歌手生活50周年を迎えられる沢田研二さん。
大阪でも大きなイベントをされるようなことをお話しされていましたが、どんな企画をされるか今から楽しみです!
さらに再来年は古希を迎えられるとのこと。これからも多くの方から愛されるスーパースターとして活躍していただきたいアーティストですね!

最後に会員の例会運営スタッフの皆さんはじめ、開催に当たりましてご協力いただきました皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

2016年8月22日月曜日

いよいよ今週!沢田研二LIVE2016にむけて確認事項

さあ、いよいよ8/25(木)三木労音特別例会「沢田研二LIVE2016」の週に入りました!!
みなさんも期待に胸を膨らませていることと思います。


おかげさまで今回、三木市文化会館大ホールが満席となりました!
三木労音初です!!
これも多くの方のご協力をいただいてのことと感謝申し上げます。そしてやはり「ジュリー」は多くの人を引きつけるアーティストだと、あらためてその偉大さを感じました。
当日は1200名以上の方が三木市文化会館に集まられますので、お越しいただく皆様に、何点かの注意点をご連絡いたします。


<交通について>

■お車の場合
当日は大半の方がお車でのご来場になると予想されます。
駐車場が混雑する可能性がありますので、前もって駐車場の位置をご確認の上、ご来場の際はなるべく時間に余裕を持ってお越しいただき、警備員の指示に従ってご駐車下さい。
<利用可能な駐車場>
①文化会館第1駐車場(文化会館より西側)
 ②文化会館第2駐車場(文化会館より西側)
 ③市役所北駐車場(文化会館より西側)
 ④市役所職員駐車場(文化会館より東側)
 ⑤弓道場駐車場(文化会館より東側)

※早めに来られた方、また地元三木市の方は、後から来られる方のために、なるべく文化会館より東側の駐車場(特に弓道場駐車場)をご利用いただけると助かります。

※また文化会館前に身障者専用駐車スペースが4台分、また客席には車いすスペースが4台分ございます。ご利用の際はなるべく事前にご連絡いただきますようお願いします。0794-82-9775 info@mikiroon.com

■公共交通の場合
・神戸電鉄「恵比須駅」より徒歩約15分
・神姫バス「エビス」停留所より徒歩約17分
・神姫バス「「恵比須駅前」停留所より徒歩約15分
(恵比須駅前から三木市文化会館までは、ゾーンバスもあります)
17:10 市役所前 三木警察署前経由 三木営業所【60系統】
17:26 市役所~石野~宗佐~厄神駅【31系統】
17:30 市役所前先行 三木営業所経由 三木循環【56系統】
※それぞれ「市役所前」停留所で降車下さい。
※帰りはございませんので徒歩でお願いします。

タクシー 恵比須駅で待機されていると思います。

お帰りの際は恵比須駅まで徒歩15分
・神姫バス 21:08 恵比須駅前発―三宮バスターミナル行
・神戸電鉄
(神戸方面)
 21:07 恵比須発―新開地行
 21:22 恵比須発―鈴蘭台行(新開地行乗換有)
 21:38 恵比須発―新開地行
(小野方面)
 21:30 恵比須発―粟生行


<会館内のレストランについて>

■レストラン「シンフォニー」が当日のみ18:30まで営業中です。
早い時間にご来場の方はご利用下さい。
http://www.miki-bunka.or.jp/floor/restaurant.html
また、ロビーにおいてコーヒー、軽食の販売も行っています。
※終演後の営業はございません。

当日はみなさんそれぞれ計画的にお越し下さい。
そして万全の体調でライブを楽しみましょう!!

2016年7月22日金曜日

特別例会「沢田研二LIVE2016」 まもなく会員指定席受付開始!

7月も後半になり、子どもたちは待ちに待った夏休みですね。
大人たちは・・・暑さにマケズ仕事に、家事に励みましょう!



さて、次回例会はいよいよ特別例会「沢田研二LIVE2016"un democratic love"」です!!
4月27日から一般券販売を開始して3ヶ月になろうとしていますが、おかげさまで現在残席わずかとなっています!
三木労音例会では初の大ホール満席が目前です!
まだお買い求めになられていない方は、急いでお申込み下さいね。
お申込み方法はこちら⇒http://www.mikiroon.com/sawadakenji_tickets.html

そして会員の皆さんの指定席受付ですが、まず前から5列「SS会員席」については、エントリーシートを提出していただいた会員の皆さんで先日7月14日に抽選会を行い、すべて埋まりました。
私達が盛り上げるぞ!!

そして6列目以降の「S会員席」の受付を、7月24日(日)10:30から開始します。
こちらはいつもの指定席受付開始と同様に、来られた皆さんで抽選をして取っていただきます。
新入会も受付していますので、この機会にぜひお待ちしています!
入会など会の説明はこちら⇒http://www.mikiroon.com/about.html

8月25日は大ホール満席の会場で、盛り上がること間違いなし!!
今年の夏は、ジュリーのステージでアツい夏を楽しみましょう!!

2016年5月23日月曜日

会場が熱狂の渦に!ドンアルマス旋風がまきおこりました!

先週5/20(金)、初夏の日差しがまぶしい日に、三木労音例会「ドンアルマス スパニッシュギターライブ」を開催しました。
今回はドンアルマスにとっても「関西初ライブ」となられたそうで、そんな機会を三木労音例会で体験することができ、非常に光栄でした。

まずは運営担当サークルの方々を中心に、ドンアルマスのお二人を迎えて本番前にロビーで歓迎会。

 お二人にお渡ししたプレゼントは・・・
鎌とのこぎり!でした。
ドンアルマスは農業もされているそうなので、ぜひ畑でお使い下さい(^^)
(のこぎりは畑ではつかわないかもしれませんが・・・)
ステージでも紹介して下さいまして、ありがとうございました!

そして本番ステージ。
1曲目が始まった途端に、一気にDON ALMASワールドへ引き込まれましたね!
フラメンコギターの奏法を駆使して、ロック、ポップス、歌謡曲などのスタンダード曲から、幅広い作品をアレンジして演奏。そのカッコよさにしびれた方も多かったようです。
それらの中でオリジナル曲も数曲演奏されましたが、それぞれ独特の雰囲気があり、一度聞くと心に残るようなインパクトがあります。
MCでもおっしゃっていましたが、音楽を始めて10年間まったく作れなかったオリジナル曲が、1曲をきっかけに一気にあふれてきたのはとても印象的で、それらの曲が今ドンアルマスのステージで光を放って、多くのファンを獲得されています。(今回のステージでも大好評でした)

ドンアルマスも昨年10周年を終え、今年からまた新たなスタイルでスタートされたそうですが、様々な局面に真正面から立ち向かう彼らのひたむきな姿勢が伝わってきて、清々しい気持ちになりました。
音楽から、お話から、心熱くなるものをもらえた素晴らしいステージでした!

終演後はサイン会に長蛇の列が!
終演後は三木労音事務所で交流会を持ちました。
お疲れのところを夜遅くまでお付き合いいただき、楽しいひとときを本当にありがとうございました!
ぜひまたお越しいただきたいですね!!

2016年4月18日月曜日

激しい指さばき、疾走するメロディー、聴く人の心を揺さぶる、魂のギターライブ!―DON ALMAS(スパニッシュギターユニット)

次回例会は、フラメンコギターをベースに、ロック、ブルースなどを融合させた独特の音楽世界観を持つスパニッシュギターユニット「ドン・アルマス」の登場です。
今回のブログでは、ドン・アルマスのリードギター・桜庭伸弘さんを中心にインタビューを行いましたのでご紹介します。どうぞお楽しみ下さい。
(聞き手・三木労音事務局長 小巻健)

左:桜庭伸弘さん、右:谷島力さん(中央:インタビュアー小巻)



―まず、「ドン・アルマス」とはどのような意味で、どんな思いで付けられたか教えて下さい。

桜庭伸弘さん(以下、桜庭さん) スペイン語でアルマスは「魂」と言う意味で、ドンを付けると尊敬語になりますので「御魂」になります。
結成時に師匠、伊藤日出夫先生につけて頂いたバンド名で、「魂」に響く心揺さぶる演奏、音楽を創って行きたいと活動をスタートしました。

―お二人がこれまでどんなジャンル、アーティストの音楽に影響を受けてこられたか、お一人ずつ教えて下さい。

桜庭さん 中学校時代にロックバンドを結成しまして、当時はエレキギターを弾いていました。LUNA SEAや X japan を練習していたのを思い出します。個人的には、小室哲哉さんの音楽にも影響を受けていました。
その後「自分の音楽」とは何かに悩む中でフラメンコギターとの出会いがあり、2000年4月、高校2年生になった春に師匠に弟子入りし、夢へと大きく進む日々が始まりました。

谷島力さん 学生時代はTRFのようなダンス系の音楽が好きで、ユーロビートに出会ってからはイヤホンでガンガン聞きながら自転車で通学する日々を過ごしてました。大黒摩季やGLAYなどJポップに興味を持つ中、クラシックギターとの出逢いがあり、優しい音色に惹かれギター音楽を始めました。その後師匠のフラメンコギター演奏に衝撃を受け弟子入りし、この道へ進む大きな転機となりました。

―どのような経緯で結成されましたか?

桜庭さん 僕は群馬県、相方のリキさんは神奈川県で、同じ時期に師匠に弟子入りをしました。
そこで出会った2人が、やがて師匠のギター教室の講師となり、全国の公演にも参加をさせて頂いて腕を磨く中、デュオでの演奏が増え、もともと音楽の夢がありましたので「ドン・アルマス」として目標を掲げ、結成に至りました。
音楽の夢を追いかけ続けて、いつの間にか「今」があるのが正直な所です。
メンバーとの出会いや、今があるのも、色んな場面での「勇気」と「奇跡」の重なりでした。

―ライブの際にはどのようなことを大切にしておられますか?

桜庭さん 「自分の世界に入れるかどうか」は演奏する時に本当に大切なのですが、それよりも、お客様の顔を見る事ですね。照明が当たるステージからは、お客様の顔はほとんど見えません。でも、良いコンサートが出来る時は、見えてくるんです。心が通じ合うライブ、魂と魂、心と心の交流が出来た瞬間です。5月20日も、そんなライブにします!

―音楽活動以外にも取り組まれていることはございますか?

桜庭さん ドンアルマス畑で、スイカや野菜の栽培をしています(笑)夏には「ドンアルマスイカ!」と名付けてファンクラブで抽選をしたりして楽しんでいます。
見えない土の中には沢山の栄養があって、雨も、太陽の光も必要で、そこから果実や野菜が実ってきます。これは、僕たちの心の環境、そこから生まれてくる音楽と同じだと感じています。
東北被災地では、岩手県久慈市の「ふるさと大使」として、毎年の演奏活動と情報配信で応援をしております。東北は出身地ではないのですが、市長さんが活動を評価して下さり任命を受けました。その他、森林文化協会親善大使、国連関係の「一冊の会」親善大使など、「環境、平和」へ少しでも力になりたいと活動しています。

―ドン・アルマスの今後の夢や抱負などをお聞かせ下さい。

桜庭さん 「物語を読んでいるような音楽」を創りたいと思って作曲をしてきました。
今後の夢の1つには、映画音楽があります。最終的には、映画の世界に挑戦をしたいです。近い夢では、紅白歌合戦に、歌わずに出場をする事です。
これも、必ず実現したいと思います!

―三木労音会員の皆さんへメッセージをお願いします。

桜庭さん 関西初ライブが、三木労音さん主催で実現し、心の底から感謝しております。魂を揺さぶる最高のステージに出来るよう、全力で演奏をさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します!
皆様にお会い出来るのを、楽しみにしております!



DON ALMAS プロフィール

激しさと哀愁を合わせ持つスパニッシュギターに、様々な音楽要素をプラスし、「物語を読んでいるような音楽」と称されたドンアルマス独自の世界観を確立。
ギターをかき鳴らす指さばき、白熱のライブパフォーマンスは年代を問わず支持を受け、心揺さぶる音楽として口コミで評判となる。リードギターの桜庭伸弘、サイドギターの谷島力は、日本フラメンコギターの草分け、伊藤日出夫に師事、2005年にドンアルマスを結成。
2009年のイタリア、フランスの作曲旅を経てオリジナル曲中心のライブ活動を展開。
2011年には1000人ライブを実現させ、売り上げ全額を東日本大震災被災地に寄付、
地元NPOと協力し、岩手県を中心に毎年の交流、支援活動を継続中。
2012年にはニューヨーク単独ライブを企画し、初のアメリカライブを成功させた。
2013年6月、アフリカ開発会議で来日したレソト王国タバネ首相歓迎式典で演奏。
2014年10月韓国で開催されたFAWA国際会議(アジア・太平洋女性連盟)にて演奏。
12月19日には伊勢神宮(外宮)にて古事記をテーマに制作をした楽曲を語り付きで演奏。
2015年4月にはワシントンD.Cで開催された全米桜祭りで演奏、各親善大使としての活動も多く、国内外で活躍の場を広げている。

リードギター  桜庭伸弘
サイドギター  谷島力

NPO法人 一冊の会 親善大使
NPO法人 咢堂香風 親善大使
公益財団法人 森林文化協会 親善大使
岩手県久慈市 ふるさと大使(復興支援での繋がりから)

DON ALMAS ホームページhttp://www.don-almas.com/


三木労音第153回例会
DON ALMAS―ドン・アルマス―スパニッシュギターライブ
5月20日(金)19:00開演(18:30開場) 三木市文化会館小ホール
入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(ドン・アルマス例会から参加希望の方は5・6月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。

2016年4月6日水曜日

春爛漫、フルートの音色が会場いっぱいに咲きました♪

桜満開の4月1日(金)、三木労音第152回例会「宝塚笛の会 ヴィオレット リアン フルートアンサンブルコンサート」を開催しました。
前日まで一日雨の予報になっていましたが、当日はほとんど降らず薄日が射し込むぐらいの天候に。10名のフルート奏者の皆さんは、お車で宝塚からいらして下さいました。

ロビーにて三木労音スタッフでメンバーを歓迎。
 ヴィオレットリアンメンバーとスタッフで記念写真♪

そしていよいよコンサートが開演。
ステージには10名のメンバー+ナレーションの塚本さんによって進められました。
桜のようなピンクのグラデーションが素敵ですね。
第一部は宝塚歌劇、映画音楽、手塚治虫アニメ音楽と、宝塚の文化史を紐解くようなプログラムで、お馴染みのメロディーが柔かく優しいフルートアンサンブルのサウンドによって、とっても気持ちよく身体に入ってきました。
一部最後のグリーグは、クラシカルな雰囲気の中にも北欧の空気感が感じられて、プログラムが締まりましたね。

第二部は様々な編成のアンサンブルによるプログラム。
ドレスも変わって、まさに「春爛漫」といった雰囲気ですね。
まずは10名全員で、華麗にヨハン・シュトラウスの序曲「こうもり」を。
 フルート四重奏を2曲。まずは八木澤教司氏の作品「コロラトゥーラ」。
 メンバーが変わって、R.ギヨー「ディベルティメントジャズ」。
 2人のソリストと4名のフルート伴奏で、ドップラー「アンダンテとロンド」。
 そして最後はJ.S.バッハの「トッカータとフーガ」を10名全員で。
元々はパイプオルガンのための作品ですが、フルート10人だと重厚な響きの中にも華があり、オルガンとは一味違ってユニークでした。

やわらかで華やかなヴィオレットリアンのステージは、まさに会場いっぱいに春が訪れたことを感じさせる素敵なコンサートでした。
ヴィオレットリアンの皆さん、ありがとうございました!

2016年3月15日火曜日

それぞれの夢が交響しました!第26回定期総会

先日3月13日(日)、三木労音第26回定期総会を三木市立市民活動センターにて開催しました。

今年は21サークル36名が参加。朝10時から昼食を挟んで夕方3時過ぎまで、会員同士の濃い交流を行いました。
今年は会長の宮永さんがインフルエンザで欠席され、急遽副会長の狩野さんが開会の挨拶を。
今年の活動への意気込みを感じるお話で、皆さんのヤル気も上がりました。

今回の総会のために遠く群馬県からお越しいただきました佐野音楽鑑賞会の前事務局長・峯崎さん。
峯崎さんには8月の沢田研二例会実現のために色々とご尽力いただいています。
開会に際して三木労音総会開催への熱いエールを送っていただきました。
事務局長より2015年活動報告と2016年活動方針案の提案、
そして今年は2016年1月から2017年3月までの15か月で7回の例会を開催するという、規約改正の提案を行いました。
質疑応答の後、無事承認。
役員選出では、今年も昨年に続き新しい運営委員を迎えることができました。
ますます活気づいていく三木労音運営委員会にご期待下さい。

1部最後に、こちらも昨年に続いてジャンケン大会勝ち抜き戦。 
見事勝ち抜いて「第2回スーパーローカルヒーロー」(詳しくは昨年度総会記事参照)に輝いたのは、議長を務めてくださった大椙さんでした!おめでとうございます(^^)

昼食タイムはもう一人の副会長・袖岡さんによる恒例の手作りごはん!
これが楽しみで総会に来られる方もおられるのでは!?
そして食後のスイーツは運営委員・和田さんの手作り!超贅沢な総会です。
最近の三木労音の風景で見られるお子さん連れも。

そして第2部は、会員の有志による「私の夢」トークリレーを行いました。
米林さんは自然を通じてたくさんの子ども達に生きる力を伝えたい夢を。
河田さんはシャンソンや絵本の読み聞かせなどで世界が広がっていく経験を。
久保田さんはヨガなど身体と心を見つめる活動から、映画会、講演会に取り組んでいる今を。
東條さんはご家族と一緒に経営している作業所の、仲間達と作っている作品を広げていく夢を。
廣田さんは長年封印していて昨年から再開した歌に対する情熱を。(最後に1曲歌っていただきました)
和田さんは労音の活動で自身が変わったこと、そして近年見つけたパン、お菓子作りの手応えを。
・・・と、それぞれ本当に熱く、イキイキと語っていただきました。

最後に峯崎さんに再度ご登場いただき、佐野音鑑で労音として初めて取り組んだ沢田研二例会のこと、ご自身が事務局退職の直前に取り組んだ、沢田研二さん主演音楽劇の例会中に起きた東日本大震災のこと、その他20年近くにわたり沢田研二さんを応援してこられた思いなどをお話いただきました。
様々な切り口から今の沢田研二さんの姿勢をお伝えいただき、8月の特別例会を成功させようという思いがますます強くなりました。

三木労音も26年目。就労、介護、子育てなど会員の皆さんの生活の変化に対応する活動や夢を描いていくことが必要だなと感じます。
また社会全体でも、消費税増税、年金縮小、TPPなど暮らしに落とす影がじわじわと忍び寄っている今、文化的な活動に対する影響も懸念します。また国や民族の対立を煽って緊張を高め、民衆をしばっていこうとする動きは、一人ひとりの個性が花開くことを目指す文化活動とは相反します。
本当に心が豊かな人々が増えていくことが、愛と平和の社会につながると思います。

今回の総会では、一人ひとりの思いが皆さんの心に響き合い、未来にむけて扉が明るく開いたような思いを強く持ちました。
三木労音では、コンサート鑑賞をつうじて仲間の輪を広げ、感動と生きるエネルギーを蓄えることはもちろんですが、一人ひとりが夢を持ち、実現にむけて一緒に歩んでいける仲間が集まる場になっていければと思います。
気持ちも新たに、今年もがんばってゆきたいと思った総会となりました。

【番外】路上ならぬ廊下ライブ?