2018年4月4日水曜日

沖縄から届いた太陽と波と暖かい風、そして平和の願い

桜の花もほころび始めた先週3月26日(月)に、三木労音例会「うないぐみ 沖縄のこころのうた」を開催しました。
沖縄から古謝さん、宮里さん、比屋根さん、島袋さんの4人の歌い手の皆さんにお越しいただき、またユニークなキャラクターの皆さんをステージではキーボードとMCで、バックステージではマネージメントも含めて率いて下さった佐原さん、音響の皆さんも含めて、三木にお迎えし、コンサートと終演後の打ち上げまで楽しいひとときを過ごさせていただきました。
豊かな沖縄の情緒あふれる歌、また平和の願いの籠った歌、絶妙の夫婦トーク、一緒に歌い、踊りも・・・などなど盛り上がり、終演後にはたくさんの方がサイン会に並ばれました。
終演後はばずさんで12時半まで打ち上げ。三木の会場の雰囲気もとっても良かったとのことでした!
ぜひまた来てもらいたいですね!

追記:三木労音事務所の最寄駅でもある神戸電鉄三木駅が3月4日の火災で焼失してしまったことについて、佐原さんがステージのMCでも触れてお見舞いの言葉を言っていただきました。
またその日のCD売上金より1万円を寄付して下さり、後日、粟生線サポーターズくらぶの特別会員(三木駅再整備への寄付)として納めさせていただきました。
あらためて感謝申し上げます。


2018年2月26日月曜日

【次回例会紹介】“うた”が伝える、沖縄の人々がつないできた“こころ” ―うないぐみ(沖縄民謡ユニット)

次回例会は、4人の沖縄民謡歌手によるユニット「うないぐみ」の登場です!
今回のほわいえでは、うないぐみの皆さんへのインタビューをご紹介します。
聞き手 小巻健(三木労音事務局長)

うないぐみ(左から古謝美佐子さん、比屋根幸乃さん、島袋恵美子さん、宮里奈美子さん)



―まずはグループ結成のきっかけ、また「うないぐみ」という名前に込めた思いを教えて下さい。

うないぐみ メンバーの古謝美佐子、宮里奈美子、比屋根幸乃は初代ネーネーズのメンバーとして、1990年〜1995年まで一緒に活動をしていたこともあり、2014年から友人の島袋恵美子を交えて『うないぐみ』での活動を正式に開始しました。
沖縄方言で『うない』は「姉妹」という意味で、『ぐみ』は「組」と同時に「込める」という意味も持っており、『うないぐみ』は「歌に想いを込める姉妹」という意味を持っています。もちろん4名は本当の姉妹ではありませんが・・・。

―沖縄では伝統音楽が今も生活の中に根付いているとお聞きしますが、皆さんの周りではどんな時に音楽がありましたか?

うないぐみ 沖縄では今でも結婚式や生年祝いなど個人的な様々な行事で沖繩民謡は歌われますし、地域の年中行事やお祭りでも伝統的な歌や踊りなどは欠かせません。例えば、お盆には「エイサー太鼓」が昼夜を通して町中を練り歩き先祖を迎え送ります。もちろん昔は今よりも日常的にあらゆるところに民謡があり、一家に一本は三線がある、という感じでしたが、今でも何かあると三線を持ち出して歌い踊る県民性は変わっていません。

―うないぐみの音楽で大切にしていることを教えて下さい。

うないぐみ 大変難しいご質問で色々ありますが、伝統的な古い民謡を受け継ぎながらも現代的な今の時代の音楽との融合。それに生の歌声を皆さんに身近に直に届けて実感していただくことなどでしょうか。そのために、うないぐみの公演ではマイクを通さない生の歌三線の曲もお聞き頂いています。お楽しみにしてください。

―メンバーの皆さんにとって、沖縄のこういうところが好き(場所、風土、文化、食など)というところを教えて下さい。

うないぐみ これもたくさんあって難しいですが、究極は沖縄の島の人が持つ心の美しさや優しさでしょうか。もちろん食べ物などチャンプルーから沖縄そばまで沢山好きなものがありますよ。

―最後に三木労音会員へ一言お願いします。

うないぐみ 今回、三木労音の会員の皆さんへ遠い沖縄の歌をお届けできることは大変な喜びです。沖縄は1月下旬に既に桜が咲き2月初めには散りましたし、この公演がある3月下旬にはツツジも咲き終わっています。今年の本土の冬は大変寒いことでしょうが、みなさんとお会いできる頃には春もそこまで来てだいぶ暖かくなっていることでしょう。春風と共に沖縄の暖かい歌を通してみなさんとお会いできることを心待ちにしております。
ニフェーデービル!!!(有難うございます)



うないぐみ プロフィール
沖縄民謡の古謝美佐子、宮里奈美子、比屋根幸乃、島袋恵美子の4名からなる女性グループ。「童神」で知られる古謝美佐子を始め初代ネーネーズに在籍した宮里、比屋根に加え、かねてから親交のあった島袋が参加して2014年から正式に活動を始める。「うない」とは沖縄方言で「姉妹」の意味。4人とも沖縄民謡に精通した実力派民謡歌手の集まりで、4名のユニゾンとともに各メンバーのソロも演唱する。レパートリーも伝統的な沖縄民謡からオリジナル曲、カバー曲まで多種多彩。2014年暮れに全国5カ所で単独ソロデビューコンサートを行い2015年1stアルバム「うない島」を一般発売。最新作は2015年10月発売の坂本龍一氏とのコラボシングル「弥勒世果報-undercooled」。プロデューサーは佐原一哉。
http://www.unaigumi.com/


三木労音第163回例会
うないぐみ 沖縄のこころのうた
2018年3月26日(月)18:30開演
三木市文化会館 小ホール
参加費 会員/会費のみ 一般/5,000円
入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(うないぐみ例会から参加希望の方は2・3月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。

2018年2月11日日曜日

美しい弦の調べで、音楽の感動と深淵に触れたひととき。

2月も半ば近くとなりますと、少し寒さがゆるんだような気もしますね。
さて、去る1月30日に三木山森林公園で開催しました三木労音第162回例会「松野迅ヴァイオリンコンサート」のご報告です。
三木労音には2009年の例会ご出演、そして2011年にはレクチャーコンサートにご出演いただきました松野迅さん。
今回二度目となった例会ご出演では、森林公園の自然が美しいホールで昼夜2回ステージを務めていただきました。しかもこの日は松野さんの誕生日でもありました!
まずは昼の部。
第1部は独奏のステージ。ヴァイオリン1挺で様々な時代、スタイルの作品を演奏していただき、奥深い世界を堪能しました。
 そして珍しいヴァイオリンとピアノの同時演奏には、感嘆の声が。
第2部は、ギターの田嶌道生さんとのデュオで、シューベルトのアルペジオーネ・ソナタを中心に演奏。ヴァイオリン4弦、ギターの6弦、合せて10本の弦からやわらかく美しい響きが奏でられました。
アンコール時には松野さんのお誕生日祝いを会場の皆さんと。

そして夜の部では、ライトアップされた森をバックに音楽もさらにしっとりと。
 夜にも松野さんのお誕生日を、夜の参加者の皆さんとあらためて祝いました。
ご本人もステージで少しお話されましたが、松野さんは昨年に急激な体調悪化で倒れられ、一命を取りとめられました。そんなご経験を経ての誕生日とあって、思いもひとしおだったそうです。
そんな誕生日コンサートをご一緒し、喜びを共にできたことは、私たちにとっても思い出深い日となりました。
多くの会員の方から、松野さんのヴァイオリンの音に惹きつけられた、聴いたことのない曲にも深く感動したとの声をききました。
きっと音楽の神様が、まだまだ松野さんには音楽を伝える役割を続けなさいと、命を戻されたように感じました。
これからも身体に気をつけて、音楽を通じて多くの人に愛と希望を伝えていってほしいと思います。
松野迅さん、そして田嶌道生さん、2回の名演奏をありがとうございました!!

2018年1月12日金曜日

ドキュメンタリー映画「標的の島 風(かじ)かたか」上映会のお知らせ

2018年に入り半月近くが過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。
三木労音では今月末1/30(火)開催の「松野迅ヴァイオリンコンサート」例会が近づいてきました。
三木山森林公園の森の音楽ホールに広がる、松野さんの美しいヴァイオリンの音色にぜひご期待下さいね!
インタビュー記事はこちら↓↓

さて、本日のお知らせは、「松野迅ヴァイオリンコンサート」の次の例会「うないぐみ 沖縄のこころのうた」(2018年3/26)のプレ企画として、メンバーの古謝美佐子さんも登場されるドキュメンタリー映画「標的の島 風(かじ)かたか」の上映会についてです。


「標的の島 風かたか」(三上智恵監督 2017年作品)

「標的の島」とは、沖縄のことではない。
それは今あなたが暮らす日本列島のこと。

2016年6月19日、沖縄県那覇市。米軍属女性暴行殺人事件の被害者を追悼する県民大会で、稲嶺進名護市長は言った。「我々は、また命を救う“風かたか”になれなかった」。「風(かじ)かたか」とは風よけ、防波堤のこと。
沖縄県民の8割の反対を黙殺した辺野古の新基地建設、全国から1000人の機動隊を投入して高江で強行されるオスプレイのヘリパッド建設。現場では多くの負傷者・逮捕者を出しながら、激しい抵抗が続く。さらに宮古島、石垣島でミサイル基地建設と自衛隊配備が進行していた。
なぜ今、先島諸島を軍事要塞化するのか? それは日本列島と南西諸島を防波堤として中国を軍事的に封じ込めるアメリカの戦略「エアシーバトル構想」の一環であり、日本を守るためではない。基地があれば標的になる、軍隊は市民の命を守らない—沖縄戦で歴史が証明したことだ。だからこそ、この抵抗は止まない。この国は、今、何を失おうとしているのか。映画は、伝えきれない現実を観るものに突きつける。

予告編動画↓↓


上映日時 3月10日(土)①10:30 ②13:30 ③16:00 ④19:00 ※4回上映
会場 三木市立市民活動センター3F大会議室
上映協力券 前売1,000円(当日1,500円)※高校生以下無料
前売券は、以下の場所でお求め下さい。
・ボランタリー活動プラザみき(三木市立市民活動センター)0794-83-0090
・三木労音事務所 0794-82-9775
・ジャズカフェベイシー 0794-85-7073
・カフェOTTO 0794-87-2021
・画廊喫茶とらうべん 0794-85-4385

主催 いのちを考えるみき市民の会
共催 三木労音
後援 三木市、三木市社会福祉協議会、エフエムみっきぃ76.1MHz
多くの方に観ていただきたい映画です!ぜひご予定下さい。

2017年12月25日月曜日

今年も開催しました!サークルフェスティバル2017

先週12月17日(日)、三木市立市民活動センター3F大会議室にて、毎年恒例の「年末大忘年会」的行事となりました「サークルフェスティバル」を開催しました。

前日からみんなで会場作り。

 バザーの値付けも・・・
 綿密な打ち合わせ中のステージ進行係。
 準備の段階からコーヒーやサンドイッチも出ました。
 各グループごとにリハーサルも。
 今年もこのお二人のボケとツッコミの司会が会場を沸かせました。
ステージ出演①番 ザ・ネージーズ
 ②番 グリーンヒルギターアンサンブル
 ③番 オカリナやまびこ
 ④番 樹庭夢(ジュテーム)
 ⑤番 プアプア
 ⑥番 片瀬フォークダンスサークル(Aチーム)
 ⑦番 よさこい恋 灯
ここでお昼休憩。会場には楽しい(美味しい)模擬店も。
草加野文庫の陶器とコーヒー&ケーキ
 事務局バザー&クッキー&手作りポーチ
森本自然農園の野菜や米、甘酒も。
カレーハウスmoimoiのポークカレー
Ka~Zu-手作り寿司
海の幸店の昆布、佃煮と、農民連の野菜
午後からは司会の二人もお色直し。気持ちも新たに第二部開始。
ステージ出演⑧番 浦野グループ
⑨番 あおみかん合唱団
⑩番 はやしぶんきちさん
⑪番 藤本招吾さん
⑫番 メイクメリーボイシーズ
⑬番 小巻健さん
⑭番 Lea Lea
⑮番 片瀬フォークダンスサークル(Bチーム)
最後は会場全員でフォークダンスを踊りました。
今年もバラエティーに富んだ出し物と出店、そして多くのスタッフの協力で、年末のひとときをたくさんの人と楽しく交流し合えました。
2018年も皆さん健康で、楽しい機会をたくさん作っていきましょうね!